ビューティ

「ザボディショップ」の人気ボディーバターとホワイトムスクの香りがリニューアル

 「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」は9月23日、29年前の発売以来人気の“ボディバター”(全12種、各200mL、各税込3080円)をリニューアルする。処方とパッケージともにエシカルなコンセプトを強化して生まれ変わる。

 世界で3秒に1個売れているという“ボディバター”は、バターのようなテクスチャーで肌の上で溶けて肌をケアする。今回のリニューアルでは、コミュニティフェアトレードで調達したシアバターを高配合し、保湿力をパワーアップした。成分の95%以上が天然由来にこだわり、全成分において英「ビーガンソサエティ」認証を得た100%ビーガン製品だ。パッケージにおいてもインド・ベンガルール産のコミュニティフェアトレードのリサイクルプラスチックを含む、100%リサイクルプラスチックを使用してる。12種類のバリエーション豊かなラインアップで、肌タイプや香りの好みに合わせて選べるようになっている。また今回、アボカドフレーバーが復刻する。脂肪酸と栄養を豊富に含むアボカドは、肌に潤いを与えしっとり滑らかに整える。

 8月19日には、ブランドを代表するフレグランス“ホワイトムスク”シリーズ(全10種、税込1980〜4620円)をリニューアル発売する。“ホワイトムスク”は創業者のアニータ・ロディック(Anita Roddick)が大切にしていた「企業には世界を良くする力がある」という信念のもと、エシカルでユニークな製品として1981年に誕生。当時のムスクフレグランスはジャコウ鹿の性腺から採取した香料を用いるのが一般的だったのに対し、「ザボディショップ」は100%クルエルティフリーの合成ムスクを使用。また同フレグランスを通じて、まとう人の魅力を引き出し女性とすべての人々をエンパワメントしてきた。

 リニューアルした“ホワイトムスク”は、ジャスミンやスズランの清らかで華やかな香調に、ウッディな奥行きあるムスクを合わせた香り。 全製品において英「ビーガンソサエティ」の認証を取得し、パッケージもよりサステナブルでスタイリッシュに進化した。また、今回新しく持ち運びにも便利なパフュームオイルのロールオンタイプと、重ね使いが可能なオードパルファム“ホワイトムスク &”がラインアップに加わった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら