ビューティ
連載 ビューティ業界のサステナビリティ

長谷川ミラが「ザボディショップ」に直撃 ありのままの自分を受け入れるためには?

有料会員限定記事

 地球温暖化で異常気象や災害が多発する今、持続可能な環境・経済活動が求められている。ビューティ業界も同様で、近年はサステナビリティ経営が必須だ。サステナビリティは企業の本気度を表すもの。しかし発信が強すぎると押し付け感が生まれ、受け取り手が疲弊することも。そこで、社会・環境問題に等身大の視点で語るZ世代モデルの長谷川ミラに、サステナブルな取り組みを推進するビューティ企業の取材に同行してもらった。彼女の目を通じて各企業の活動に迫る。

 今回は、1976年の創業当時から年齢や性別、国籍を問わず、すべての人々が平等であることを唱えてきた「ザボディショップ(THE BODY SHOP)」に、ジェンダフリーやクルエルティーフリーについて聞いた。(この記事はWWDジャパン2021年5月31日号からの抜粋に加筆しています)

WWD:「ザボディショップ」は、1997年には美の固定概念にとらわれることなく、自分らしさを尊重する重要性を唱えた“セルフエスティーム”キャンペーンを実施し、今年3月にはセルフラブ(自己肯定)を高める“SELF LOVE(セルフラブ)”キャンペーンを開始した。同キャンペーンに長谷川さんを起用した理由は?

高橋佳子ザボディショップジャパン マーケティング部ディレクター(以下、高橋):今年「ザボディショップ」は創立45周年を迎え、“SELF LOVE”のメッセージとともにセルフラブを高めるための道標になるような“リーディングライツ”を探していました。実はZ世代の10人に4人がセルフラブの最下位のグループにいることが調査でわかり、特にZ世代の女性のセルフラブが低いことが判明したのです。そこに対してブランドとして何か働きかけたいと思っていたのですが、Z世代は上から目線で真面目に語りかけてもなかなか響かない部分がある。「ポジティブに社会問題に向き合おう」というメッセージの発信をするためには、やはり等身大の視点が必要だと感じ、環境や社会問題に取り組むミラさんにお願いしました。

長谷川ミラ(以下、長谷川):以前、SNSに関して高校生に取材した時、みんな口を揃えて「怖い」と言っていたのが印象的でした。自分の意見を述べて炎上している大人を見ているからか、意見を言わない子たちがすごく多くて。そういう影響があってセルフラブが低い傾向にあるのかもしれないですね。思ったこと言うとすぐ反応が返ってくる時代ですし。

この続きを読むには…
残り1484⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。