ビューティ

長谷川ミラがカラーズの橋本社長に直撃 精油で農業生産者の新たな収入源を創出

有料会員限定記事

 地球温暖化で異常気象や災害が多発する今、持続可能な環境・経済活動が求められている。ビューティ業界も同様で、近年はサステナビリティ経営が必須だ。サステナビリティは企業の本気度を表すもの。しかし発信が強すぎると押し付け感が生まれ、受け取り手が疲弊することも。そこで、社会・環境問題に等身大の視点で語るZ世代モデルの長谷川ミラに、サステナブルな取り組みを推進するビューティ企業の取材に同行してもらった。彼女の目を通じて各企業の活動に迫る。今回は、昨年20周年を迎え、その節目に環境や社会問題に取り組むプロジェクト「COLOURS NEXT20」をスタートしたカラーズに、地域再生について聞いた。

WWD:「COLOURS NEXT20」では、日本が抱える社会の本質的な問題に切り込まれている。その中で「地方の衰退」を問題点として挙げているが、いま日本の地方が直面している問題とは?

橋本宗樹カラーズ社長(以下、橋本):東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川)の面積は国土面積の3.5%程度の大きさです。そこに全人口の約30%が集まっていて、完全に一極集中になっています。このまま地方の人口流出が続くと、2040年には地方自治体の約50%が消滅する可能性があるという報告もあります。半分なくなるという未来が、20年後、もう目の前まで来ています。地方自治体がなくなってしまうと公共サービスや社会福祉、医療や介護を受けるのが難しくなり、もっと人が離れていきます。まさに今、悪循環が始まっています。

この続きを読むには…
残り2626⽂字, 画像3枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら