ビューティ

「メゾン マルジェラ」の新作香水は紅葉や森林の歩道をイメージした秋の香り

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は9月3日、人気フレグランスコレクション“レプリカ”から新作の“オータム バイブス”(10mL、税込3850円/30mL、税込8800円/100mL、税込1万7600円)を発売する。アットコスメショッピング、阪急百貨店公式コスメ通販サイト「HANKYU BEAUTY ONLINE」のほか、一部のメゾン マルジェラ直営店及び表参道ヒルズで開催中のポップアップストアなどで取り扱う。

 新しい香り“オータム バイブス”はカナダの都市、モントリオールにインスパイアされており、紅色や黄金色に輝く錦秋の森の歩道をイメージ。落ち葉に足を踏み入れ、カサッと乾いた音やパキッと小枝の割れる音が澄んだ空気に響くような穏やかな秋のひと時に着想を得ている。

 トップノートはピンクペッパー、コリアンダー、カルダモンとスパイシーな香りではじまり、続いてオリバナム、ナツメグ、キャロットシード、ラストに爽快感を含むなめらかなシダーウッド、モス、バルサムモミ、ラブダナムと大地のぬくもりや心地よい森の空気を感じさせるウッディーな香りに仕上げた。

 “レプリカ”フレグランスは“時代を超えた普遍性”をテーマにし、2012年の「レプリカ」カプセルコレクションから着想を得て誕生。人々の潜在意識に語りかけ、さまざまな記憶やシーンを再現する香りの旅をコンセプトとしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら