ファッション

ラルフ ローレン 銀座にスケートボードランプが登場 キッズ向けの期間限定スクールを開校

 ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)はこのほど、日本初のスケートボードランプを東京・銀座の期間限定店「ラルフ ローレン 銀座」内のガーデンテラスに設置した。アクティブウエアライン「ポロ スポーツ(POLO SPORT)」の世界観を表現した、ラージとスモールの2種類が並ぶ。

 スケートボードランプは、プロスケーターらが指導するスクール「RL SKATEBOARD SCHOOL for Kids」のために、8月6〜31日の金〜日曜日に開放する。スクールは5歳から小学生までが対象。ラルフ ローレン 銀座の専用公式LINEアカウントを通じて、各回先着10人限定で予約を受け付ける。

 また期間中は、アーティストのリュウジ カミヤマ(RYUJI KAMIYAMA)がデザインしたスケートボードデッキを展示するほか、ラルフ ローレン 銀座のARコンテンツ“ポロベア イン ザ ハウス”に新ポロベアが期間限定で登場。同店での商品購入者を対象に、スケートボードを楽しむポロベアのステッカーをプレゼントする。さらに、店内のラルフズ コーヒーではキッズ向けに“ストロベリーシェイク”(税込990円)を期間限定メニューとして提供する。

 ラルフ ローレン 銀座は、7月2日から1年間の期間限定で東京・銀座の中央通りにオープンした世界初のコンセプトショップ。地上2階建てで、アイテムをカスタムできる「CYOカスタムショップ」や日本最大級のカフェ「ラルフズ コーヒー」を併設する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら