ファッション

「CFCL」がイセタンサローネでポップアップ 陶芸作家・浜名一憲の限定品も展示

 デザイナーの高橋悠介が手掛けるファッションブランド「CFCL」は、“VOL.2 コレクション”(2021-22年秋冬コレクション)を扱うポップアップを8月10日まで東京・六本木のイセタンサローネで開催している。“VOL.1 コレクション”から継続するシンプルなリブ編みのジャケットとパンツのほか、イオニア式と呼ばれるギリシャ建築やニューヨークの摩天楼など、街並みや建築に着想したフォームやディテールのニットアイテムがそろう。

 ウエアに加えて、陶芸作家・浜名一憲が同ポップアップのために制作した4作品も展示・販売する。高橋が直接依頼した陶芸作品で、「CFCL」のデザインにも通ずる幾何学的なモチーフを取り入れている。同ブランドは陶器に着想したドレスシリーズ“POTTERY DERSS”を提案しており、作品に親和性を感じて声をかけたという。

 浜名は1969年⼤阪府⽣まれ。個人バイヤーやスニーカーショップ運営を経て、陶芸作家として活動している。

■CFCL VOL.2 POP UP
日程:8月10日まで
時間:11:00〜20:00
場所:イセタンサローネ
住所:東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン・ガレリア 1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら