ファッション

「CFCL」が余った糸をアップサイクルした限定商品発売

 高橋悠介が手掛ける「CFCL」はファーストコレクションでの生産時に余った糸を活用した数量限定アイテムを4月15日に公式サイトで発売する。

 アイテムは、壺のような丸みのある象徴的なシルエットが象徴的な“ポッタリー”シリーズの量産で余った3色の糸を用いた、マルチカラーのトップ(2万9700円、税込)とスカート(4万6200円、同)。コンピュータープログラミングによる無縫製ニット技術を採用し、オレンジ、カーキ、ライトグレーの糸が混ざり合った1点1点異なるカラーリングや柄が特徴だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら