ファッション

ユニクロのTシャツコンペは“ピーナッツ”がテーマ 入賞デザインは全世界で販売

 ユニクロ(UNIQLO)のグラフィックTシャツブランド「UT」は、Tシャツをキャンバスとして自由な発想でグラフィックやメッセージなどを表現するデザインコンペティション「UTグランプリ(UT GRAND PRIX 2022)」を開催する。

 同コンペは年齢や性別、国籍、プロアマを問わず、誰もが参加できる企画として2005年に始まった。過去にはマーベルや任天堂、ニューヨーク近代美術館(MoMA)といったテーマのもと、受賞デザインを商品化して全世界で販売してきた。

 今回のコンペでは、1950年にアメリカで誕生したコミック「ピーナッツ」の作者であるチャールズ M.シュルツ(Charles Monroe Schulz)の生誕100周年を記念して、“ピーナッツ”をテーマに設定。チャールズ M.シュルツ美術館やチャールズ M.シュルツ・クリエイティブ・アソシエイツのチームを審査員に迎える。募集期間は8月31日23:59までで、ユニクロの特設サイトから応募可能だ。

 グランプリ受賞者には賞金2万ドル(約220万円)、2位に1万ドル(約110万円)、3位に5000ドル(約55万円)、入選者(複数名)に1000ドル(約11万円)を授与するほか、入選デザインは2022年春夏UTコレクションとして、全世界での販売を予定する。また副賞として、米カリフォルニア州にあるM.シュルツ・クリエイティブ・アソシエイツの一員として、インターンシップも予定しているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。