ファッション

「UT」がカウズと再タッグ 国内初の大型展覧会で先行発売

 ユニクロ(UNIQLO)のグラフィックTシャツブランド「UT」は、アーティストのカウズ(KAWS)による国内初の大型展覧会カウズ トウキョウ ファースト(KAWS TOKYO FIRST)の開催を記念したコレクション「KAWS UT」を7月16日から同展覧会で先行発売する。全国のユニクロ店舗とオンラインストアでは7月30日に発売する。両者の協業は2019年以来となる。

 コレクションは、“XX”の目が特徴的なカウズのキャラクター“コンパニオン(COMPANION)”や展覧会ロゴのプリント、大人とデザインがリンクするキッズTシャツなどで、Tシャツ3柄4色(税込各1500円)、キッズTシャツ2柄(同各990円)、トートバッグ1柄(同税込1990円)をそろえる。

 東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催するカウズ トウキョウ ファーストは、絵画や彫刻の初期作品から最新作まで150点を超える作品を展示する。過去に開催された日本初個展と同じ展示会名で、“原点回帰”の思いを込めた。展覧会のサポーターとして、俳優の新田真剣佑を起用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら