ファッション

カウズが国内初の大型展覧会 新田真剣佑をサポーターに起用

 ニューヨークを拠点に活動するアーティストのカウズ(KAWS)は、国内初の大型展覧会「カウズ トウキョウ ファースト(KAWS TOKYO FIRST)」を東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで7月16日〜10月11日に開催する。

 同展では、初期の作品から最新作までの絵画や彫像、プロダクトの約150点を展示する。カウズが保有するプライベートコレクションも披露するほか、AR作品や体験型のコーナーも設ける予定だ。展覧会名には、“原点回帰”という思いを込めて、2001年に渋谷パルコで開催した個展と同じタイトルを選んだ。また会場をより楽しむため、FMラジオ放送局J-WAVEのグローバー、長谷川ミラ、武藤千春による無料音声ガイドを用意する。コンパニオンの目“××”があしらわれた「名菓ひよ子」やコラボアイテムがそろう物販コーナーも設置する。

 展覧会のサポーターには俳優の新田真剣佑を起用。新田は「カウズの作品はもともと好きだったので、とても光栄だった。一つ一つの作品がユニークでカラフルなところが魅力。将来的にはコラボレーションもしてみたい」とコメントした。

 また「デュオ(DUO)」を擁するプレミアアンチエイジングが特別協賛する。同社の松浦清社長は、“世界中を旅する”巨大アートプロジェクト「カウズ:ホリデイ」では香港と静岡に出向き、自宅にも多くのフィギュアを飾るなど、カウズのファンであることを公言している。

■KAWS TOKYO FIRST
会期:7月16日〜10月11日
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ森タワー52階
入場料:6月に発表予定

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら