ビジネス

世界のビューティ企業トップ100:11〜25位 花王やコーセー、アモパシなどアジア企業はインバウンドで打撃を受けるもダーマコスメで勝負

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」7月12日号は、2020年12月期の売り上げに基づく「世界のビューティ企業TOP100」特集。ここでは、日系企業の花王やコーセーに加え、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JOHNSON & JOHNSON)やヘンケル(HENKEL)など日本でも馴染みのある企業がランクインした11〜25位企業の商況を紹介。今期は韓国で首位を走り続けてきたアモーレパシフィック グループ(AMOREPACIFIC GROUP)が初めて競合のLG ハウスホールド&ヘルスケア(LG HOUSEHOLD & HEALTHCARE)に抜かれ、Kビューティ市場の勢力図も変化した。

【25位】GROUPE CLARINS
クラランス グループ

 20年3月、ロレアル(L’OREAL)に「ミュグレー(MUGLER)」「アザロ(AZZARO)」を売却した。大幅な売り上げ減はフレグランス事業から撤退したことによるが、同事業以外の売り上げは前年比10%減だった。

 20年は中国事業に加えてコロナ禍におけるデジタル面の強化が功を奏した。美容部員が消費者に診断や製品アドバイスを無料で提供する個別相談サービス「クラランス アンド ミー(Clarins and me)」を各国のウェブサイトで導入。フランスではサブスクリプションサービス「クラランス アンリミテッド(Clarins Unlimited)」の提供を開始。消費者は2カ月ごとに好きな製品またはサプライズパッケージの受け取りを選択することが可能で、3つの価格帯が設定されている。11月にはバーチャルストアもオープンした。

 21年1月には、創業者のジャック・クルタン・クラランス(Jacques Courtin-Clarins)の孫娘にあたるヴィルジニー・クルタン・クラランス(Virginie Courtin-Clarins)がデピュティCEO兼CSR担当のトップに就任した。

【24位】L’OCCITANE INTERNATIONAL
ロクシタン インターナショナル

 オンラインの成長および中国を中心としたアジア市場の回復により、20年の業績は比較的堅調に推移した。世界各地でソーシャルコマースに注力した結果、4〜12月はオンライン売り上げが前年同期比71.8%増加し、全体の38.1%を占めた。

 「ロクシタン(L’OCCITANE)」は、ボディーケアやハンドケアなどの分野にフォーカスしたことで売り上げを伸ばした。19年に買収した「エレミス(ELEMIS)」はアジアを中心に市場を拡大し、デジタル戦略に基づいて事業を展開。7月には中国のセフォラ(SEPHORA)で独占販売を開始し、フランス、ドイツ、イタリア、香港、台湾、シンガポールではECサイトも開設した。一方米国法人のロクシタンU.S.(L'OCCITANE U.S.)は、21年1月に日本の民事再生法に当たる米連邦破産法第11条の適用を申請した。

 サステナビリティでは、遅くとも23年までに「Bコープ(B CORP)」認証の取得を目指す。21年1月には、アジア市場で豊富な経験を持つシャネル(CHANEL)元幹部のイブ・ブルアン(Yves Blouin)が、エグゼクティブ・ディレクター兼グループ・マネジング・ディレクターに就任した。

この続きを読むには…
残り7034⽂字, 画像13枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら