ビューティ

コロナがもたらしたビューティ業界の10の変化【世界のビューティ企業TOP100】

有料会員限定記事

 「WWDJAPAN」7月12日号は、2020年12月期の売り上げに基づく「世界のビューティ企業TOP100」特集。20年は新型コロナウイルスが猛威をふるい、ビューティ業界に大きな影響を与えた。毎年恒例の「TOP100」特集だが、今回は初めて、過半数の企業が売り上げを落とす結果となった。100社の売上高の総額は2120億ドル(約22兆円)になり、19年に比べて6.6%減った。これまで絶好調だったビューティ業界だけあってコロナは大きな爪痕を残したが、未曾有の状況下でもV字回復を成し遂げた企業があったり、新たなビューティトレンドを招いたり、明るいニュースもあった。そんなビューティ企業の20年の決算から、最新の市場動向を読み解く。

1 中国市場がいち早く復調

 コロナ前から中国市場は右肩上がりに成長していたが、コロナ禍でいち早く回復した同市場は、多くの企業の成長の要となった。また中国発のブランドが海外進出したり、「TOP100」のランキングにも初登場したり、Cビューティの勢いも続いている。動物実験にまつわる法律が緩和されるなど、ナチュラル系のブランドも進出しやすくなった同市場を掴んでおくことは大きな成長ドライバーとなるだろう。

2 スキンケアが全世界を席巻

 これまでアジアを中心に大きかったスキンケアニーズが、一気に全世界に広まった。中でも皮膚科医が推奨するようなダーマコスメブランドが支持され、SNSでの拡散も手伝いで若年層の間でもトレンドに。メイクアップがメインだった市場でもスキンケアが伸び、業界全体における”スキンケアシフト”は顕著だった。トップのロレアル(L'OREAL)はダーマコスメブランドを扱う事業部が前年比20%近く伸び、エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)は売り上げの60%をスキンケアが占める結果となった。

3 変化する消費者ニーズへの対応力がカギ

この続きを読むには…
残り1178⽂字, 画像16枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら