紙面紹介

永久保存版!2020年度「世界のビューティ企業TOP100」

 「WWDJAPAN」7月12日号は、「世界のビューティ企業TOP100」特集です。2020年12月期の売り上げに基づき、世界のビューティ企業100社をランキング形式でお届けします。20年は新型コロナウイルスの影響で大半の企業は売り上げを落とす結果となりましたが、変わる消費者ニーズに素早く対応できた会社は復調を遂げています。そんなビューティ企業の商況から、ビューティ市場のトレンドを読み解きます。

 また特集には売り上げ順のランキングだけでなく、営業利益率や株価の騰落率、時価総額のランキングなども掲載し、さまざまなデータから企業の業績を分析。さらに20年に印象的だったM&Aなど、一年を振り返ることができる内容になっています。

 ニュースでは、23年春をめどに渋谷の本店を営業終了する東急百貨店に迫ります。旗艦店に頼らない「融合型リテーラー」を掲げる同社のビジョンについて、大石次則社長にインタビューしました。また、シャネル(CHANEL)の2020年12月通期決算もリポート。フィリップ・ ブロンディオ(Philippe Blondiau)最高財務責任者(CFO)のコメントとともに、コロナ禍で打撃を受けた20年の業績を振り返ります。

COVER CREDIT
PHOTO:MORIHIKO OHTA
DESIGN:JIRO FUKUDA

CONTENTS

FEATURE

  • 世界のビューティ企業ランキング TOP100

FOCUS

  • 旗艦店に頼らない東急百貨店の新事業モデルは可能か 東急本店「閉店後」も渋谷で稼ぐ
  • ビューティ比率の高さがアダに? シャネル、20年は42%減益と苦戦
  • 飲食への逆風、イベント中止を乗り越えて トランジット、20周年で何をする?

SERIES

  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:Vol.27 商品取扱高が増えても、収益性低下が懸念されるZOZOの課題
  • OVERSEAS NEWS 海外最新ニュース:7月 中国2大商戦「618」4つのポイントから見る消費トレンド
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.37 上半期ベスコス、受賞ブランドがとる「次の一手」は?(弓気田みずほ/ユジェット代表・美容コーディネーター)
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.78 ハイプがハイプじゃない

EDITOR’S LETTER

  • 外国人が表現した「日本らしさ」でいいじゃん!(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:頑張れ!日本のビューティ企業(村上要/編集長、北坂映梨/副編集長)

FASHION PATROL

  • 脚本家の小山薫堂のサプライズ誕生会に潜入 その名も「薫ちゃんの思い出横丁」〜!!!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら