ビューティ

コティがキム・カーダシアンのコスメブランドとライセンス契約 スキンケアやヘアケアに進出

 コティ(COTY)はキム・カーダシアン(Kim Kardashian)のコスメブランド「KKW ビューティ(KKW BEAUTY)」の株式20%を2億ドル(約214億円)で買い取るライセンス契約を締結した。現在「KKWビューティ」はメイクアップとフレグランスのみを手掛けているが、提携により今後はスキンケアやパーソナルケア、ヘアケア、ネイルも展開する。

 同社は昨年11月に異父妹のカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)がプロデュースする「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」の株式51%を6億ドル(約642億円)で取得すると発表。ピーター・ハルフ(Peter Harf)=コティ最高経営責任者は「今回の取引はカイリーとのパートナーシップに似ているが、提携の規模(範囲?)はキムの方が小さい。これ以上の提携や計画は今のところなく、キムとカイリーのビジネスのポテンシャルを最大限に生かすことに集中する」とコメントした。

 キムは2017年に自身のビューティ企業を立ち上げ、デビュー製品となったクリーム状のコントゥアやハイライトのキットは5分以内に3万個売れたという人気だ。また、彼女は全てのSNSにおいて計3億のフォロワーを抱え、大きな影響力を持つ。一方のコティは2016年にプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE)から41ブランドを買収してから、「リンメル(RIMMEL)」や「カバーガール(COVERGIRL)」などを擁するコンシューマー事業部が苦戦しており、キムとカイリーとの協業で復調を狙っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら