ビューティ

カイリー・ジェンナーの1歳の娘がコラボデビュー バレンタイン向けコスメを発表

 カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)は自身が手掛けるコスメ企業、カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)のバレンタインデー向けコレクションで、彼女の1歳の娘ストーミー・ウェブスター(Stormi Webster)とコラボレーションする。カイリーが1月2日に自身のインスタグラムに投稿した写真には、ストーミーが製品のコンセプトアートを見ている様子や、“ストーミー”とピンク色の文字で書かれたパッケージ案などが写っているが、コレクションの詳細や発売日などは発表されていない。

 カイリーはこれまでも母親のクリス・ジェンナー(Kris Jenner)とコラボした“クリス × カイリー”や、姉のコートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)と組んだ“コート × カイリー”などの限定コレクションに加えて、姉のケンダル(Kendall)とのファッションブランド「ケンダル+カイリー(KENDALL + KYLIE)」を発表するなど、家族でのコラボレーションを多く行っている。また米国特許商標庁によれば、カイリーは”カイリー ベビー(Kylie Baby)”と“カイリー ベビー バイ カイリー ジェンナー(Kylie Baby by Kylie Jenner)”の商標登録を申請しており、ベビーラインを立ち上げるのではないかといわれているが、ストーミーとのコラボは今回が初めてだ。

 なお、カイリーは2019年11月にカイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)の株式51%をコティ(COTY)に約6億ドル(約654億円)で売却している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら