フォーカス

2019年ハロウィン セレブたちの本気すぎるインスタグラム投稿25選

 セレブリティーたちがこぞって2019年のハロウィンの様子をアップしている。

 毎年本気すぎる衣装で有名なハイディ・クルム(Heidi Klum)は、今年で20度目となる自身のハロウィン・パーティーのコスチュームにサイボーグのようなエイリアン姿をチョイス。このコスチュームは夫のトム・カウリッツ(Tom Kaulitz)が所属するバンド、トキオ・ホテル(Tokio Hotel)からインスピレーションを受けたものだという。クルムはニューヨーク市内のアマゾン・ブックストアで人間からエイリアンに変身していく様子をガラス越しに一般公開し、念入りに施された全身の特殊メイクをインスタグラムにも投稿した。

 そのほかのセレブたちもさまざまなコスチュームを披露しており、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)はディズニー(DISNEY)のアリエル、「プレイボーイ(PLAYBOY)」のバニーガールやマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)に扮した複数の写真を投稿している。

 ジェンナーの娘のストーミー・ウェブスター(Stormi Webster)もライラック色のウイッグとフェザーのドレスに身を包み、今年の「メット・ガラ(MET GALA)」でのジェンナーのミニ版に扮してハロウィンを楽しんだ様子。

 キム・カーダシアン(Kim Kardashian)も映画、リーガルブロンド(Legally Blonde)のエル・ウッズ(Elle Woods)に扮した姿でSNSを沸かせた。カーダシアンは映画のシーンを再現した手の込んだビデオを投稿して周囲と差をつけていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら