ファッション

2019年ハロウィン セレブたちの本気すぎるインスタグラム投稿25選

 セレブリティーたちがこぞって2019年のハロウィンの様子をアップしている。

 毎年本気すぎる衣装で有名なハイディ・クルム(Heidi Klum)は、今年で20度目となる自身のハロウィン・パーティーのコスチュームにサイボーグのようなエイリアン姿をチョイス。このコスチュームは夫のトム・カウリッツ(Tom Kaulitz)が所属するバンド、トキオ・ホテル(Tokio Hotel)からインスピレーションを受けたものだという。クルムはニューヨーク市内のアマゾン・ブックストアで人間からエイリアンに変身していく様子をガラス越しに一般公開し、念入りに施された全身の特殊メイクをインスタグラムにも投稿した。

 そのほかのセレブたちもさまざまなコスチュームを披露しており、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)はディズニー(DISNEY)のアリエル、「プレイボーイ(PLAYBOY)」のバニーガールやマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)に扮した複数の写真を投稿している。

 ジェンナーの娘のストーミー・ウェブスター(Stormi Webster)もライラック色のウイッグとフェザーのドレスに身を包み、今年の「メット・ガラ(MET GALA)」でのジェンナーのミニ版に扮してハロウィンを楽しんだ様子。

 キム・カーダシアン(Kim Kardashian)も映画、リーガルブロンド(Legally Blonde)のエル・ウッズ(Elle Woods)に扮した姿でSNSを沸かせた。カーダシアンは映画のシーンを再現した手の込んだビデオを投稿して周囲と差をつけていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら