ファッション

2019年ハロウィン セレブたちの本気すぎるインスタグラム投稿25選

 セレブリティーたちがこぞって2019年のハロウィンの様子をアップしている。

 毎年本気すぎる衣装で有名なハイディ・クルム(Heidi Klum)は、今年で20度目となる自身のハロウィン・パーティーのコスチュームにサイボーグのようなエイリアン姿をチョイス。このコスチュームは夫のトム・カウリッツ(Tom Kaulitz)が所属するバンド、トキオ・ホテル(Tokio Hotel)からインスピレーションを受けたものだという。クルムはニューヨーク市内のアマゾン・ブックストアで人間からエイリアンに変身していく様子をガラス越しに一般公開し、念入りに施された全身の特殊メイクをインスタグラムにも投稿した。

 そのほかのセレブたちもさまざまなコスチュームを披露しており、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)はディズニー(DISNEY)のアリエル、「プレイボーイ(PLAYBOY)」のバニーガールやマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)に扮した複数の写真を投稿している。

 ジェンナーの娘のストーミー・ウェブスター(Stormi Webster)もライラック色のウイッグとフェザーのドレスに身を包み、今年の「メット・ガラ(MET GALA)」でのジェンナーのミニ版に扮してハロウィンを楽しんだ様子。

 キム・カーダシアン(Kim Kardashian)も映画、リーガルブロンド(Legally Blonde)のエル・ウッズ(Elle Woods)に扮した姿でSNSを沸かせた。カーダシアンは映画のシーンを再現した手の込んだビデオを投稿して周囲と差をつけていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら