ビューティ

パーソナライズヘアケア「メデュラ」が初のトリートメント専門サロンをオープン

 スパーティー(SPARTY)はパーソナライズヘアケア「メデュラ(MEDULLA)」から初のトリートメント専門サロン「サロン ド メデュラ(SALON DE MEDULLA)」を東京・表参道に7月11日にオープンする。ブランド名の由来である「髪の芯」から着想を得て、「メディテーション-瞑想-」をテーマに、”自分の芯に落ちていくように、心地よくリラックスできる空間”に仕上げた。

 「サロン ド メデュラ」はシャンプー・トリートメント・マッサージに特化した専門サロンで、「メデュラ」が独自開発した4ステップのパーソナライズシステムトリートメントで一人一人の髪の状態に合わせた施術を行う。

 カウンセリング、シャンプー、トリートメント、ブロー、ヘアセットを行う「ベーシックコース」(約45分、一般税込1万780円、「メデュラ」会員税込7546円)のほか、「髪質改善トリートメントコース」(約60分、一般税込1万5180円、「メデュラ」会員税込1万626円)と「髪質改善トリートメント&スパコース」(約75分、一般税込2万680円「メデュラ」会員税込1万4476円)の全3種類のコースメニューを用意する。今後は加入すると全メニューが50%オフになるVIP会員制度「エクスクルーシブメンバー」を導入予定。予約はサロン ド メデュラ公式サイトから可能。

 「メデュラ」はオンライン上のカウンセリングによって、それぞれの髪の状態や好みにあったパーソナライズ提案を行う2018年に誕生したヘアケアブランド。10の質問への回答によって、一人一人の複雑な髪の悩みに適した成分を配合したシャンプーとリペアのセットを約1〜2週間で自宅に届ける。使用後の感想をフィードバックすることでより自分に合った処方に進化したセットを翌月に届ける定期購入システムやテーマに合わせて選べる香りが好評で、21年5月には累計会員数35万人を突破した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。