ニュース

パーソナライズスキンケア「ホタル パーソナライズド」が誕生 「メデュラ」を運営するスパーティーから

 会員数14万人を超えるパーソナライズヘアケア「メデュラ(MEDULLA)」を運営するスパーティー(SPARTY)は5⽉22⽇に、「メデュラ」で培ってきたパーソナライズの経験をもとに、パーソナライズスキンケア「ホタル パーソナライズド(HOTARU PERSONALIZED)」を発売する。製品は化粧水と美容乳液の2品で、セット販売のみ。通常価格は9200円、定期コースは8280円となっている。

 「ホタル パーソナライズド」は、「良い製品はたくさんあるけど、自分に合うものが選べない」という多くの女性の悩みに応えるために開発したパーソナライズスキンケアブランドで、スマホで肌に関する10の質問とカメラ撮影による解析から肌状態を測定。約11万通りの肌診断結果から最適な処方で調合し届ける。また季節や環境によって変化する肌に合わせて、再診断して処方を変更することも可能で、“今”の肌に合わせた製品が届くようにアップデートしていく。

 ブランド名は、「ホタルは個体によって光り方が違うように人間も一人一人で輝き方が違うから、それぞれに合ったスキンケアが必要」という考え方に由来する。

 「当面の数字目標は特に立てておらず、まずはこの新型コロナの影響で、化粧品カウンターに行きにくい状況の中、オンラインで簡単に肌状態を診断し、診断結果をもとにパーソナライズされた最適なスキンケアが自宅まで届けられるという価値を、スキンケアの選択に悩む多くの女性に届けていきたいと考えてスタートした。今後の追加アイテムについては検討中で、まずはしっかりとお客さまからのフィードバックを受け止め、提供処方の改善・処方決定ロジックの改善、提供処方の幅の拡大に努めていきたい。ゆくゆくは『メデュラ』との連携も進めていく予定だ」と担当者はコメントする。