ビューティ

あなた仕様の特別なサポート サブスクとの高い親和性 「メデュラ」「ホタル パーソナライズド」「ウェイトレス」

有料会員限定記事

 スパーティーは、主軸のパーソナライズヘアケア「メデュラ」、パーソナライズスキンケア「ホタル パーソナライズド」、ボディーメイクサービス「ウェイトレス」をそれぞれサブスク型で展開している。全てのユーザーのヘアケア、スキンケア、インナーケア・体作りをデイリーでサポートすることをコンセプトにサービスを設計。いくつかの質問に回答することで、数万通りの中からユーザーにとって最適なアイテムを毎月届けるパーソナライズサービスであることが特徴だ。「ヘアケアやスキンケア、インナーケアは季節や外部環境、生活環境の変化によって求めるものが変わるはず。パーソナライゼーションは正解を一度だけお届けするのではなく、お客さまに毎月寄り添うことが非常に重要で、サブスクとの親和性が高いと考えている」と深山陽介代表は話す。(この記事は「WWDJAPAN」2021年9月6日号からの抜粋です)

 2018年にローンチした「メデュラ」は、20代半ばから徐々に30〜40代の女性ユーザーも獲得。累計会員数は40万人を突破した(21年9月時点)。ユーザーはヘアケアに明るい人たちばかりではない。「むしろ知識がないので何を選んだらいいのかが分からないが、それでも自分に合ったものを使いたい人が多い」という。「メデュラ」「ホタル パーソナライズド」「ウェイトレス」は、それぞれスマートフォンの中の美容師、美容部員、パーソナルトレーナーのような役割を果たす。店頭での接客に煩わしさやハードルを感じていた人にもオンラインで手軽に体験できると好評だ。「オンラインでもリアルと同じようにお客さまをサポートできることがサブスクとパーソナライズの価値」と深山代表は話す。

この続きを読むには…
残り523⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら