ビューティ

あなた仕様の特別なサポート サブスクとの高い親和性 「メデュラ」「ホタル パーソナライズド」「ウェイトレス」

有料会員限定記事

 スパーティーは、主軸のパーソナライズヘアケア「メデュラ」、パーソナライズスキンケア「ホタル パーソナライズド」、ボディーメイクサービス「ウェイトレス」をそれぞれサブスク型で展開している。全てのユーザーのヘアケア、スキンケア、インナーケア・体作りをデイリーでサポートすることをコンセプトにサービスを設計。いくつかの質問に回答することで、数万通りの中からユーザーにとって最適なアイテムを毎月届けるパーソナライズサービスであることが特徴だ。「ヘアケアやスキンケア、インナーケアは季節や外部環境、生活環境の変化によって求めるものが変わるはず。パーソナライゼーションは正解を一度だけお届けするのではなく、お客さまに毎月寄り添うことが非常に重要で、サブスクとの親和性が高いと考えている」と深山陽介代表は話す。(この記事は「WWDJAPAN」2021年9月6日号からの抜粋です)

 2018年にローンチした「メデュラ」は、20代半ばから徐々に30〜40代の女性ユーザーも獲得。累計会員数は40万人を突破した(21年9月時点)。ユーザーはヘアケアに明るい人たちばかりではない。「むしろ知識がないので何を選んだらいいのかが分からないが、それでも自分に合ったものを使いたい人が多い」という。「メデュラ」「ホタル パーソナライズド」「ウェイトレス」は、それぞれスマートフォンの中の美容師、美容部員、パーソナルトレーナーのような役割を果たす。店頭での接客に煩わしさやハードルを感じていた人にもオンラインで手軽に体験できると好評だ。「オンラインでもリアルと同じようにお客さまをサポートできることがサブスクとパーソナライズの価値」と深山代表は話す。

この続きを読むには…
残り523⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。