ビューティ

スパーティーがパーソナライズダイエットサービス「ウェイトレス」を始動 9万通りの組み合わせを提案

 パーソナライズヘアケアブランド「メデュラ(MEDULLA)」などを手掛けるスパーティー(SPARTY)は4月22日、パーソナライズボディーメイクサービス「ウェイトレス(WAITLESS)」の提供を開始した。食事、運動、サプリメントの3本柱でパーソナライズドメニューを9万通りの組み合わせから提案する。また5月には表参道にパーソナルトレーナーによるフィットネスメニューやセルフエステなどを受けられるジムをオープンする。

 「ウェイトレス」は生活習慣やダイエットの目標など約20の質問に回答することで、合計200種類以上の食事レシピと運動動画コンテンツからなるパーソナライズダイエットプログラムと、独自開発したパーソナライズサプリメントをセットで用意する。それぞれ栄養士・料理家・プロトレーナーをはじめとする専門家と共同開発したものだ。サプリメントは体内環境を整える「ベース」と、ダイエットプログラムに合わせた最適な「パーソナライズド」の2つを毎月提供。月額税込6980円のサブスクリプション型で、LINEでサポートを行うほか、進捗状況をフィードバックすると翌月のパーソナライズ処方をさらに最適化する。

 さらに、セルフフィットネス・エステとパーソナルトレーニングを受けられるジム「ウェイトレス ザ パーソナル サロン(Waitless THE PERSONAL SALON)」を5月にオープン。セルフフィットネス・エステは、IoTミラーデバイス「MIRROR FIT.」を導入した完全個室型になっており、パーソナルトレーニングは定額パーソナルジム「B ESTA」と共同で運営する。「ウェイトレス」会員だとセルフフィットネスとエステは月最大4回(1回50分)で月額税込6380円、パーソナルトレーニングは月最大4回(1回50分)で月額税込2万7500円で行える。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら