ニュース

スパーティーがテモナと共同でパーソナライズD2Cをサポートする新サービスを開始

 パーソナライズシャンプー「メデュラ(MEDULLA)」の開発・販売を行うスパーティー(SPARTY)は、サブスクリプションビジネス支援サービスを提供するテモナと共同で、パーソナライズドD2Cソリューションの提供を開始した。スパーティーはこのソリューションの提供開始にあたり、パーソナライズドD2Cソリューションを専門とする「スパーティークリエイティブスタジオ(SPARTYCREATIVESTUDIO)」を発足させた。

 スパーティーは、2018年からD2Cモデルでパーソナライズされたヘアケア「メデュラ」や「ホタル パーソナライズド(HOTARU PERSONALIZED)」を展開してきた。社会が変化していく中で、スパーティーの持つD2Cモデルとパーソナライズの仕組みを広く展開することで、社会をさらに前進させられると考えて、今回「スパーティークリエイティブスタジオ」を発足させた。役割に関しては、システム提供をテモナが、コンセプト・デザイン・UX設計をスパーティーが担当する予定だ。D2Cの支援を行うサービスは増えているが、こうしてパーソナライズができ、かつブランドの設計から販売、サポートまで行うサービスは他にはない。

 サブスクリプション支援サービスとして1700社の導入実績を持つテモナと、パーソナライズヘアケア「メデュラ」で販売開始からわずか2年で会員数14万人を突破したスパーティーは、相互の強みを生かしながらさらなるサービスの強化と新たな顧客体験の創造を目指す。