ビジネス

ブランドの白T、想像できますか? エディターズレター(2021年6月21日配信分)

※この記事は2021年06月21日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

ブランドの白T、想像できますか?

 歌舞伎町でホストとタッグを組んだ「黒T専門店」だったり、(刺さるのは私たち世代だけかもしれませんが)2021年に吉田栄作とコラボしたり、白いTシャツ専門店「#FFFFFFT(シロティ)」の夏目拓也・主宰は、アイデアマンです。

 そんな夏目さんに初めてお会いしたのは、今年の春先。相変わらず小学生みたいな質問を投げかける私は、「季節によって、売れる白Tは変わるんですか?」とか「迷いに迷った挙句、『選べない!』って帰っちゃう人はいないんですか?」などなどイロイロ聞いてしまいましたが、夏目さん、答える答える(笑)。「この人のTシャツ愛はホンモノだ!」と感銘を受けた次第です。

 とはいえ、夏目さんが「#FFFFFFT」をオープンし、白いTシャツしかない店舗で「どんな商品をお探しですか?」なんて接客ができるのは、同じ白Tシャツでも、全く同じものは存在しないからでしょう。ワタクシも、かつては「パックTと言えば、『ブルックス ブラザーズ』か『プラダ』」でした。「ブルックス ブラザーズ」は、アメリカンブランドらしくちょっと大きめでレイヤードにちょうど良い。「プラダ」は、パックTなのに背中に“あの逆三角形”が縫い付けられており優越感に浸れます。白Tからさらに絞り込んで、白のパックTでも違いはあるのです。

 そこで、皆さんに質問です!アナタのブランドの白Tを作るとしたら、それは、どんな白Tですか?勝手に「フーフー」の立場で想像しましょう。マールくんは、ちょっと地厚な洗いざらし風の素材を使い、パフスリーブにしたり背中にタックを寄せたりしてクルクル回ったら楽しそうな白Tを作るでしょうか?「ジミー チュウ」だったら、星型のスタッズがワンポイント。一部をシースルーのメッシュに切り替えたり、深いスリットを刻んで異素材で切り返すかな(笑)?こんな風に、すぐにアイデアが浮かばないブランドは、「ヤバい」と思うんです。だってそれって、ブランドのアイデンティティが存在しないか、アイデンティティが言語化・具体化できていないか、ってコトでしょう?

 売れそうな白いTシャツ、じゃないんです。アナタのブランドの白いTシャツ、を想像して欲しいんです。白Tでブランドを表現するのは、最低限の言葉でブランドを表現することに似ている気がします。で、もし想像できなかったら、それは今すぐ向き合ったほうが良いのかもしれない。そんな風に妄想した週末でした。もしかしたら夏目さんは、白Tを通じて、そんなコトを見据えているのかもしれません。

 ちなみに「WWDJAPAN」が白いTシャツを作るとしたら、それは、皆さんのブランドの白いTシャツの生地を拝借したパッチワークです(笑)。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターです。「WWDJAPAN Digital」が配信する記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら