ファッション

クリス・ヴァン・アッシュ、「ベルルッティ」を去る 今後のコレクション発表は独自スケジュールに

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)傘下のメンズブランド「ベルルッティ(BERLUTI)」は、今後のコレクション発表を独自のスケジュールに改める。これに伴い、クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)=アーティスティック・ディレクターは退任する。アントワン・アルノー(Antoine Arnault)最高経営責任者は声明の中で、今回の方針変更について「サヴォアフェール(受け継がれる職人技術)とイノベーション双方への深いこだわりを維持するため」と説明。今後はコラボレーションによるプロジェクトやアイテムを含む新製品の発表を独自の方法に切り替え、コレクションカレンダーに新たなアプローチをとるという。そのため、クリスの後任を指名する予定はないようだ。

 現在44歳のクリスは、エディ・スリマン(Hedi Slimane)の後任として2007年から11年間、「ディオール オム(DIOR HOMME)」(当時)を率いた後、18年4月にハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)の後任として「ベルルッティ」のアーティスティック・ディレクターに就任。レザーシューズで知られる同ブランドの象徴的な染色技法“パティーナ”からイメージをふくらませ、アートを感じさせる生き生きとした色使いと美しいテーラリングが際立つコレクションを発表してきた。3年の間にはウエア、アクセサリー、シューズの審美的な統一感を高めるとともに、ビンテージ家具のカスタマイズやトラベルバッグなどに用いるシグネチャーキャンバスの開発にも取り組んできた。4月8日に披露されたばかりの21-22年秋冬シーズンがラストコレクションとなり、これから数週間のうちにいくつかのプロジェクトを仕上げた後、ブランドを去るという。

 クリスは、「『ベルルッティ』での仕事によってデザイナーとして成長できたし、スタジオのチームや職人たちには感謝してもしきれない。私はテーラリングであってもレザーグッズあっても、常にアトリエと一緒に取り組むことが好き。品質やリサーチに対する期待の大きさは、間違いなく刺激的だった」とコメント。「次はどんなことができるか、ワクワクしている」と話す。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。20年2月からWWDジャパン欧州通信員

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら