ファッション

余剰糸や生地をタグに再生 「プリスティン」が2030年までに廃棄ゼロを目指す

 オーガニックコットンの原綿の輸入などを行うアバンティ(AVANTI)は、自社ブランド「プリスティン(PRISTINE)」の全商品タグに、再生木綿紙のリコットン(Re-Cotton)ペーパーを用いた“リコットンタグ”を4月から順次使用している。タグには、生地の生産地である工場名と地名を記載する。

 リコットンペーパーは、製造工程で余った糸や裁ち落としの生地から作ったもので、「プリスティン」が推進する取り組み“しあわせの循環(PRISTINE circulation)”のひとつ“リコットン・プロジェクト”から生まれた。同プロジェクトは、生産過程で出る糸や生地などから新たな製品を作るコットンの循環の仕組みで、2030年までに生地の廃棄ゼロを目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら