ビューティ

ヘアサロンが取り組むウィズコロナ時代の新人教育とは

有料会員限定記事

 コロナ下での入社で営業時間や練習時間が減って、「スタイリストデビューが遅れてしまうのではないか」と心配する美容学生の声を聞くことも多い。そこで「アッシュ(Ash)」「ベル(Belle)」「シャチュー(SHACHU)」の3サロンに、2020年入社のスタッフのスタイリストデビューに向けたカリキュラムの進み具合や、コロナ下での新人教育の変化を聞いた。(この記事は月刊WWDビューティ2021年2月号からの抜粋です)

Ash
教育動画を制作する過程で
カリキュラムが体系的に進化

 「アッシュ」では、昨年4月10日から全店舗をクローズしたので、“1年生がいきなり誰とも会えなくなる”という事態に陥った。「『どうにかしないと』という思いから、シャンプーのノウハウをスマホで動画撮影して1年生に向けて配信した。これで身につくのかと半信半疑だったが、営業再開後に1年生の手技をチェックしてみると、そこそこマスターしており、『動画を生かせば、対面での講習の代わりになるのでは』というムードになった」と長町真樹「アッシュ」教育部 部長は話す。

この続きを読むには…
残り1684⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら