ビューティ

ヘアサロンが取り組むウィズコロナ時代の新人教育とは

有料会員限定記事

 コロナ下での入社で営業時間や練習時間が減って、「スタイリストデビューが遅れてしまうのではないか」と心配する美容学生の声を聞くことも多い。そこで「アッシュ(Ash)」「ベル(Belle)」「シャチュー(SHACHU)」の3サロンに、2020年入社のスタッフのスタイリストデビューに向けたカリキュラムの進み具合や、コロナ下での新人教育の変化を聞いた。(この記事は月刊WWDビューティ2021年2月号からの抜粋です)

Ash
教育動画を制作する過程で
カリキュラムが体系的に進化

 「アッシュ」では、昨年4月10日から全店舗をクローズしたので、“1年生がいきなり誰とも会えなくなる”という事態に陥った。「『どうにかしないと』という思いから、シャンプーのノウハウをスマホで動画撮影して1年生に向けて配信した。これで身につくのかと半信半疑だったが、営業再開後に1年生の手技をチェックしてみると、そこそこマスターしており、『動画を生かせば、対面での講習の代わりになるのでは』というムードになった」と長町真樹「アッシュ」教育部 部長は話す。

この続きを読むには…
残り1684⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。