ビューティ

人気ヘアサロン「シャチュー」からカラー専門店 海外も視野に入れたフランチャイズ事業に挑戦

 「シャチュー(SHACHU)」のみやちのりよし代表は、グラデーション、ハイライト、デザインカラーで爆発的な人気を集め、サロンユーザーだけでなく美容学校生やメディアからも注目されている。3月には「シャチュー」渋谷本店を神南店に統合し、新たにヘアカラー専門店「シーエス メイド バイ シャチュー(CS MADE BY SHACHU)」の全国展開に着手。“秒速で進化”と形容されるみやち代表のコロナ禍における新たな戦略について聞いた。

WWD:渋谷本店と神南店を統合した背景は?

みやちのりよし代表(以下、みやち):「シャチュー」は2014年にオープンし、16年に2店舗目として神南店をオープンしました。神南店は元々ビルの4階からスタート。「少しずつフロアを増せたらいいね」と出店時から話していました。サロンの知名度が上がると、管理会社やビルのオーナーがフロアが空くたびに優先的に連絡をしてくれて、3階、6階と拡張。3店舗目の出店も考えましたが、僕としては1店舗化したいとずっと思っていて。そんなときに神南店の5階が空いたので、路面店だった渋谷本店はクローズし、3〜6階をすべて「シャチュー」にする形で統合しました。同時にヘアカラー専門店の構想を実現するために渋谷本店を今後のさまざまな展開の発信拠点として作り替えることにしたんです。

WWD:1店舗化したメリットは?

みやち:文化の違う2店舗のスタッフが一緒になることで、いい意味で刺激しあえています。ありがたいことに予約もパンパンなので、スタッフ同士がお互いの仕事ぶりを見て「負けたくない」と思っているようです。1フロアにセット面が5席あるのですが、数字を持っているスタイリストは自分のお客さまだけでフロアが埋まるんです。だから自分のムードとペースでサロンワークできる。スタイリストが働きやすい環境は、お客さまにとっても快適なはずです。お店の作り込みもしやすいし、ブランド力は強化できると思っています。

WWD:新規事業のカラー専門店の展望は?

みやち:「シャチュー」とは別に新たに会社を立ち上げ、「シーエス メイド バイ シャチュー」という名前で全国にフランチャイズ展開するための準備を進めています。メニューはカラーとブリーチ、トリートメントで、より多くの人にリーズナブルだと感じてもらえる価格帯を想定しています。技術的にはインナーブリーチやハイライトブリーチも取り入れて、エリアのニーズに応じたデザインを提供したいですね。今回クローズした渋谷本店は、フランチャイズ事業を含め、今後の新たな可能性を研究するラボとして位置づけ、発信拠点として機能させていく予定です。

WWD:ブランドサロンがフランチャイズに着手するのは、かなり珍しい。

みやち:すごく注目されていると思います。みやちは世の中の逆を行くタイプなので(笑)。構想は2020年の4月。緊急事態宣言が出て、コロナ禍の終息には最低でも2年はかかり、ドーナツ化現象が起こるだろうと予測しました。そしてスタッフを守るためにも、次の行動を起こそうと。僕は経営者セミナーの講師をすることも多く、経営者の話を聞いたり多店舗展開している人と交流する機会がありました。いろいろな情報を得るうちに、自分のやろうとする道がはっきり見えてきたんです。昨年は僕自身セミナーを受講して経営やFCについて徹底的に学び、準備しました。オンラインサロンは「シャチュー」も早い段階で始めましたし、有益な情報も得られるけれど、目標を見失いがちになってしまうことも。僕は全国のサロンやスタッフを直接見て回る方が性に合っています。フランチャイズの仲間とは、オンラインとはまた違う熱量で濃い関係になれると思っています。

WWD:「シャチュー」スタッフにとって、また全国の美容師にとって「シーエス メイド バイ シャチュー」はどんな位置付けになる?

みやち:「シャチュー」のスタイリストがカラーショップの講師をすることも考えています。それはひとつのキャリアとして生かせるし、サロンワーク以外の貴重な経験ができて楽しいと思う。全国の美容師にとっては、ステップアップの仕方が変わるサロンになれると思っています。カラーリストとして早くからキャリアを積み、必要に応じてカットはオンラインやアカデミーで学べばいい。実際に「シャチュー」でもスタイリストになる前からカラーでかなりの売り上げを出す例はあるし、スタイリストデビュー時にはすでにお客さまがついているという強みになります。また、何かしらの事情で美容師をドロップアウトした人の受け皿にもなり得ます。現状では美容師からアイリストやネイリストに転向する人も多いですが、美容師という肩書きを生かしながらデザインに取り組めます。コロナ禍が落ち着いたら海外にも進出したいし、カットもできるお店も作りたい。よりいっそう「シャチュー」のブランド力を上げていくことが大切だと考えています。

坂本尚子:島根県松江市出身。総合ライフスタイル誌や育児雑誌の編集を経験したのち、美容業界専門誌を発行する出版社に入社。美容師が作るリアルヘア、クリエイティブヘアの作品ページやインタビュー企画を担当するうちに、すっかり美容業界の虜に。2009年から美容業界に特化したフリーライターとして活動中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら