ビューティ

“間感”のカリキュラム化は可能か 【ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望】

有料会員限定記事

 ファッションとビューティ、オフラインとオンラインを結びつける「WWDジャパン」がスタートするビューティ・インサイトは、「WWD JAPAN.com」のビューティニュースを起点に識者が業界の展望を語る。識者は、美容媒体の編集長やコンサルタント、エコノミスト、そしてサロンスタイリスト。ビューティ業界の半歩先は、ファッション業界の“道しるべ”にもなるだろう。今週は美容師2人がキャリア形成やデジタル活用について語る。(この記事はWWDジャパン2020年12月21・28日号からの抜粋です)

今週の識者

VAN/「コクーン」代表

■“間感”のカリキュラム化は可能か

 美容師として売れるためには、技術力・間感(まかん)・発信力の3つの要素がどの時代も必要だと考えている。美容師としての技術力、発信力は言うまでもないが、“間感”というのは「コクーン」独自の言葉で、お客さまとの距離感や会話のテンポ、空気感といったものを指す。情報が溢れ顧客の美容知識が豊富な現在は、美容師が技術よがりに施術しても間感を測れなければ顧客は定着しない。それほど間感は重要だが、3つの要素の中で一番カリキュラム化が難しい。

この続きを読むには…
残り1708⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら