ビューティ

人気ヘアサロン「アルバム」がECを本格始動 美容室が正しく稼げる仕組みを取り戻す

 人気ヘアサロン「アルバム(ALBUM)」は約2年の準備期間を経て、ECサイト“アルバム オンラインストア”を本格始動した。

 同サロンは以前から楽天市場に公式ショップを開設しているが、同ショップでの出品数を上回る商品ラインアップを展開する。自社では在庫を持たず、注文が入ると提携している大手美容ディーラーのガモウやきくや美粧堂からお客に直接発送し、最短翌日に商品が届くという画期的なシステムだ。

 「アルバム」を運営するオニカムの槙野光昭・代表は、ECの開設意図や目的について以下のように話す。「最近のサロンユーザーの購買行動を分析すると、SNSなどで美容師が紹介するサロン専売品を、美容室では買わず、ネットで検索してECで購入するケースが大半を占めている。しかし検索で上位に上がってくるショップの中には、実体がなかったり、住所を追っていくとマンションの1室だったりと、運営がいわば“正体不明”であるケースも少なくない。つまり、商品を美容ディーラーが真面目に流通させ、美容師が一生懸命に宣伝しても、業界とは関係ない人の利益につながっている現状があった。それを、正しく美容業界の利益に落とし込めるように軌道修正することが開設の目的だ。ECサイトにサロン名をつけたのも、そうした現状に対して“正しく”“正々堂々”という意味を込めてのことだ」。

 また、ECの本格始動にともない「アルバム」の公式インスタグラムでショッピング機能を実装。スタイリストが紹介する商品をインスタグラムから購入できるようになった。

 「今後“アルバム オンラインストア”に関しては、楽天市場にとどまらず、アマゾンやヤフーショッピングにも同様のシステムで出店する予定。いずれは一般化粧品も取り扱いたいと考えている。インスタグラムに関しては、フォロワー数1万人を超えるスタッフはストーリーズで商品を紹介するとともにECサイトのリンクを埋め込み、商品が売れた金額に対して数%バックするような仕組みを、10月初旬から実施している。将来的には、美容師が“美のコンシェルジュ”となり、化粧品なども販売している姿を想像していて、美容師にはそれだけのポテンシャルがあると考えている」。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら