フォーカス

逆境の中で美容室「クク」をオープン 美容師・内田聡一郎と浦さやかが生み出すシナジー

 人気美容師の浦さやか氏が「フラワーズ(FLOWERS)」を退社(それに伴い浦氏が代表を務めていた「オトペ(otope)」は閉店)し、4月1日に内田聡一郎「レコ(LECO)」代表と共にヘアサロン「クク(QUQU)」をオープンした。2人は昨年から「テンサイズ」というユニットを組んで活動していた。当時の取材では「一緒にサロンをするつもりはない」と語っていた二人がなぜ一緒にやることになったのか。また新型コロナウイルスの影響があるこのタイミングでの新店オープンについてどう考えているのか、率直な思いを聞いた。

WWDビューティ(以下、WWD):今回、一緒にやることになった経緯を教えてください。

内田聡一郎(以下、内田):もともと昨年から「テンサイズ」というユニットを組んだり、一緒に活動することも多かったんです。ただ当時は一緒にビジネスをやろうとは思っていなかったんですが、浦さんから新しいことに挑戦したいという話を聞いて、「それなら一緒にやってみないか」と誘いました。それが昨年の秋ごろの話で、それからはとんとん拍子で進んで今回の「クク」オープンに至ったという感じです。物件も「レコ」の近くで探していたんですが、運よくすぐ見つかりました。

WWD:浦さんが新しいことに挑戦してみたいと思ったきっかけは?

浦さやか(以下、浦):美容師として20年やってきて、それなりにやりたいことはできていました。でもいつまでも挑戦したいという気持ちは持っていました。それで「フラワーズ」に15年務めたこともあって、一区切りつけて新しいことに挑戦しようと思ったんです。

WWD:「クク」のオープニングスタッフには浦さんが以前代表を務めていた「オトペ」のスタッフだった人もいますね。

浦:「オトペ」のスタッフには経緯を話して、どうするかスタッフに選んでもらい、そこで2人がついて来てくれました。基本的には美容室ってスタッフを連れて独立するのは許されないことなのですが、それを許してくれた「フラワーズ」の高柳(司)社長には本当に感謝しています。

WWD:「クク」に関しては基本的に浦さんが運営していく?

内田:そうですね。内装などのアウトラインは僕がディレクションさせてもらい、僕は「レコ」の方にしか出勤はしないので、実際の運営は浦さんに任せています。ただ、浦さん自身の個性が濃いため、そこに特化するとお客さまの層も限定されてしまうので、いい感じに薄めていってより多くの人に来てもらえるようにしようとは思っています。

浦:「オトペ」のころは世界観を強く打ち出さないといけないという思いが強かったのですが、「クク」では個性的なヘアだけではなく、スタイルの幅は広げていくつもりです。

WWD:サロン名「クク」の由来は?

内田:いろいろ2人で考えました。「レコ」のセカンドブランドなので、その並びも考えて、2文字がいいなと、それで他の美容室とかぶらないのがいいなと思っていろいろと調べて、クエスチョン×クエスチョンで略して「クク」なんです。

浦:“常に疑問を持って新しいことに挑戦し続けること”をコンセプトに、自分たちなりの最適解を出し、常に斬新であることをこの「クク」に込めています。

WWD:内装は白を基調としてシンプルな感じです。

浦:前の「オトペ」とは違ってスタイリッシュな雰囲気になりました(笑)。

内田:内装のテーマが実験室だったので、真っ白な世界を意識しました。ロゴはアルファベットのQを記号化したもので、電源スイッチをモチーフにしたデザインになっています。あと、ポイントはネオン管で作った“キミノメカラウロコ”という文字。これは外から見えるのですが、夜もずっとつけていて、「クク」のアイコン的な感じになっています。

WWD:“キミノメカラウロコ”はどういったメッセージを込めている?

内田:英語は僕らの雰囲気ではないなと思っていて、かつ外を歩いている人が見たときにすぐ分かりやすいのがいいと思って、カタカナでいろいろな言葉を考えました。その中で、最初は“メカラウロコ”っていうのが見た目的にも響き的にもいいなと思って、そこからお店に来た人に何か新しい気づきがあるようにしたいといいう思いを込めて“キミノメカラウロコ”になりました。

WWD:内田さんとしては2店舗目になりますが、当初の事業計画からしたら予想よりも早かったということはありますか?

内田:「レコ」をオープンしたのが2018年3月1日。もともと3年目で2店舗目は出したいと思っていたので、計画通りではあります。

WWD:「レコ」と「クク」のスタッフの交流は?

内田:幸い距離が近いので、レッスンなどは一緒にやります。場合によってはスタッフもシャッフルする可能性もありますし、来年の新卒は「レコ」と「クク」とで一括採用になります。もともとバラバラにやっていたので、交流がないとまったく別々のサロンが2つできるだけになってしまうので。どちらかのサロンが好きとかではなく、スタッフには2つのサロンを好きになってもらいたし、お互いのサロンにとっていい相乗効果が生まれるようになればと思っています。現に「レコ」のスタッフは、「クク」ができたことでモチベーションは高まっています。

WWD:浦さんとしては「クク」をどうしていきたいですか?

浦:私は頑固なところがあって、自分がいいと思うもの以外はあまり知ろうとしないところがあったんですが、内田さんと一緒にやることで、今いろいろなことに挑戦できています。すごくもめる部分もあるのですが、結果的にそれが私の幅を広げてくれているので、この「クク」では今までと違う部分を見せていけたらなと思います。

WWD:一方でこの新型コロナウイルスの影響がある中でのオープンは厳しいのでは?

内田:状況としてはかなり厳しいですね。ただ前々からオープン日が決まっていたので、4月1日にオープンしました。オープンして1週間ほどで政府から緊急事態宣言が出たのを受け、4月8日から休業していましたが、4月27日から営業を再開しました。ただ、今は予約も制限して、無理せずにできる範囲でやっていこうという感じです。

WWD:逆にこういった状況だからできることは?

内田:社内のことに時間をかけられるようになりました。スタッフ教育にも力を入れられるようになったので、今のアシスタントのスタイリストデビューは少し早められればいいなと思います。この状況が一段落したらスタートダッシュできるように、そのために何ができるかを考えていくしかないなと思います。

WWD:今後の美容室のあり方は変わっていくと思いますか? また今後の美容室には何が大切だと思いますか?

内田:間違いなく変わると思います。美容室に限らず全ての仕事の在り方や存在意義がチェンジする時代に入ると思います。これから大事なことは髪を切るというテクニカル的なことよりも人をデザインするというコンサルティング的な側面が強くなる気がします。

浦:今以上にお客さまにとって特別な存在になっていかなければ選ばれなくなると思います。個人技(技術も想像力も)が必要。個々にそれぞれを伸ばせる柔軟なサロンにしていきたいです。

WWD:最後に、全国の美容師に向けてメッセージを。

内田:未曾有の危機にさらされて誰もが不安になる今だからこそ、ポジティブに柔軟に変化していけたらいいですね。みんなで乗り越えましょう。

浦:今は1カ月先が想像できない状況なので、想像力を膨らませて柔軟に前向きにがんばりましょう。

■QUQU(クク)
オープン日:4月1日
住所:東京都渋谷区渋谷1-5-10 小笠原ビル1階