フォーカス

人気美容師の内田聡一郎と浦さやかがユニット「テンサイズ」を結成 その狙いとは?

 ヘア業界の人気美容師、内田聡一郎「レコ(LECO)」代表と浦さやか「オトペ(otope)」代表がクリエイティブユニット「テンサイズ」を結成した。ユニットを結成した経緯から今後の展開までを2人に聞いた。

WWD:「テンサイズ」を結成した理由は?

内田:もともと浦さんと僕は同い年で、お互いにクリエイティブなヘアを作りつつ、サロンでは代表といったように立場も似ていて、ヘア業界内でもある程度イメージが固定化されてきていたんです。自分たちもそのイメージに飽きてきていて、何か新しいことをやりたいと思い、浦さんを誘ってユニットを結成しました。コンセプトは“超直感型クリエイティブユニット”。人に刺激を与えるような、1人でやるのと違った新たな表現を発信していけるのかなって思っています。

浦:私自身も、個人だとやりたいことはできるようになったけど、その分慣れてきてしまった。それで何かドキドキする新しい刺激がほしいなと感じていました。その時に内田さんからこのユニットの話を聞いて、「面白そう」と思ってノリノリでOKしました。内田さんはタイプとしては私と全然違うんですが、共感できる部分もあって……他の人だと断ってましたね(笑)。

内田:時代も変化して、若い美容師も活躍する中で、自分たちでも古くなってきているなという思いもある。この「テンサイズ」では、面白いことやっているなって思える仕掛けをしていきたいです。目指すのは、内田でも浦でもない新たな別人格ユニットです。

WWD:ユニット名の「テンサイズ」はどう決めた?

内田:単純に「天才」っていう響きが好きだったのが大きいですね。僕は天才ではなく天才に憧れるっていう立場、一方の浦さんは天才肌っていうのもあったりして。あと、“10のサイズ”っていう意味もあります。その意味は今後の活動で明かしていこうかなと考えています。

WWD:実際にどんな活動をしていく?

内田:すでに3月にこのユニットでヘアショーをやることが決まっています。今そのアイデアをお互いに出しているんですが、まぁもめますね(笑)。いい意味で今までの自分を否定されることもあって、それが新鮮です。うまくいかないっていうことを楽しんでいます。

WWD:内田さんが理論派、浦さんが感覚派といったイメージだが、ヘアショーではそれが融合されていく?

内田:そうですね。それぞれ個人だとそういったイメージなので、2人のよさを融合させて、「テンサイズ」ならではの新しいクリエイティブ表現を創っていきたいですね。予測不可能な、観た人もいいのか悪いのかよく分からないような、そんなヘアショーにしていきたいです。活動としてはヘアショーを中心に、クリエイティブな撮影や他業種とのコラボなど、仕事というよりは、自分たちの好きなことを徹底してやっていきたいです。だからこのユニットで“今年のトレンドヘア”みたいな企画をやるつもりはないですね。

浦:セミナーとかもやらないよね。そういう仕事は個人にオファーしてもらった方がいいです。

内田:お互いにいそがしいので、年に2~3回くらい活動できればという感じだと思うので、まずは自分たちが楽しいと思えることをやっていきたいです。

浦:ヘアショーとかも、これまで美容師がやってこなかった美術館など面白い場所でやってみたいですね。ちょっとひねくれた感じで、あまり常識にとらわれず自分たちの好きなことをやり切って、“こんなのもありなんだ”って思ってもらえるといいですね。