フォーカス

人気美容師・内田聡一郎が語る“正解が一つじゃない時代のブランディング”

 ヘア業界の枠を超えて注目を集める人気美容師の内田聡一郎「レコ」代表。2018年3月に独立し、自身のヘアサロン「レコ(LECO)」をオープンした。現在も業界の第一線で活躍する彼に、経営者として、また一人のトッププレーヤーとして、ヘアサロン業界で勝ち抜くには何が必要かを語ってもらった。

WWD:2018年を振り返ってみて、内田さんにとってはどんな一年だった?

内田:僕自身は独立して、これまでのプレイヤーから経営者になったことが大きかったです。ものごとも経営の観点から見ることも増えたので、新しい美容師人生が始まった一年でした。

WWD:独立後、お店は順調にいっている?

内田:順調ですね。もっと大変かなと思っていたんですが、予想していたよりはうまくやれています。

WWD:経営者としてはスタッフの育成、サロン集客が重要になってくる。

内田:経営者としては、いかにスタッフを育てて売り上げを伸ばしていくか――その結果で評価されるので、自分一人でどうなるものでもない。「レコ」はまだまだ僕の個人のパワーで引っ張っている部分があるので、それを組織としての強さに変えていかないといけないという難しさも感じています。そこは自分で考えて地道に行動していくしかないかなと。ただ、「スタッフが辞めない」っていうのは、いいサロンにしていくためには絶対条件だなと思っています。

WWD:今は情報が溢れている中で、何が正解か分かりにくくなっているという声も聞かれるが?

内田:美容師も多様化していて、いろいろな成功例が出てきて、正解は一つじゃなくなっている。そういった時代にどう個人やサロンをブランディングしていくか、非常に難しいですね。正直、僕もサロンブランディングについてはまだ始めたばかりで、悩みながら、探りつつやっているという感じです。ヘアサロン業界の流れもあるので、自分の得意じゃないトレンドの時もあったりする。でもトレンドって変化するので、自分の番が来るまではスピード感を持って柔軟にやっていきたいです。過去の人にならないようにしないといけないという危機感は常に持ってやっています。

WWD:2019年はサロン業界で勝ち抜くには何が必要だと思う?

内田:SNSでの発信はやっぱり重要だと思います。次のSNSでの集客方法は何か、そこはチェックしておかないといけないです。ただ美容師でもSNSで発信する人が増えて、その質が求められています。東京以外の美容師の方がうまかったりもするし、若い美容師でもSNSでの発信がうまい人って多い。その中でいかに目立つか、いろいろなことをやらないと成功できないし、本当に難しい時代になったなと思います。一方で、経営者になってみてあらためて思ったのは美容師の仕事って基本はシンプルだということ。いいヘアスタイルを作って、それでお客さんがたくさん来てくれればうまくいくなと実感しています。その軸を持たずにいかに集客するかってことだけ考えて、あれもこれもやっていると、疲弊してしまう気がします。でも流行りそうなものは一応チェックしておかないといけないし、そのバランスが大事なのかなと。実際、僕も何が正解か悩んでいるので、誰かに教えてほしいです(笑)。