フォーカス

米国で大麻入り化粧品が続々 セフォラやバーニーズなどでマス市場に進出

 カンナビス(大麻)がカリフォルニアやマサチューセッツ一部の州で合法化されてから、アメリカでは賛否両論はありつつもその効用について注目が高まっている。研究も増え、2017年は前年に比べ約2倍の投資がカンナビス関連のスタートアップ企業にされたという。その用途はビューティ業界にまで広がり、ここ最近アメリカではカンナビス入りの化粧品が増えている。そして今まではタブーとされ、そのためニッチなブランドしか取り扱っていなかったものの、「ミルク メイクアップ(MILK MAKEUP)」や「ハイ ビューティ(HIGH BEAUTY)」などセフォラ(SEPHORA)が扱うブランドもカンナビス入りの製品を発売するようになった。

 化粧品のコンサルティングもするゲイツ クリエイティブ(Gates Creative)のシシリア・ゲイツ(Cecilia Gates)最高経営責任者は「カンナビスは少し前までは違法なものとして捉えられ、危険なイメージがあった。そのため、カンナビス入りの化粧品に手を出す人もなかなかいなかった。しかし最近はヒッピーしか使わないニッチな化粧品のイメージから、植物性のウエルネスアイテムとしての認知が高まっている」と話す。近年ナチュラル系の化粧品やクリスタルを使ったヒーリング効果のある化粧品、サプリメント、瞑想など、ウエルネスに関連した美容法はアメリカでも人気があり、カンナビス入りの化粧品もその中に含まれている。

 カンナビスビューティブランドで最近話題の「クッシュクイーン(KUSH QUEEN)」(「クッシュ」は大麻の種類。大麻を意味するスラングとしても使用される)のオリビア・アレクサンダー(Olivia Alexander)創業者は「昨年あたりからタブーが少しずつ薄れ、一般の人にも認められるようになってきた」と振り返る。「クッシュクイーン」はCBD(カンナビジオール)オイルを配合したバスボムや美容液、ローション、シャワージェル、セクシャルアメニティー、アクセサリーなどを多くそろえる。CBDオイルは大麻草の芽と花から抽出したオイルで、痛みを緩和する作用や、不安症の治療も期待できるという。薬物摂取のようにハイになることはなく、リラックス効果がある。「クッシュクイーン」の製品は、説によると依存性などが懸念される大麻の有効成分、THC(テトラヒドロカンナビノール)を一切含んでいない。店舗はロサンゼルスに1店舗とECショップを構え、ECは入るときに18歳以上か年齢を聞かれる仕組みになっている。「それでも消費者にきちんと教育することが大事。CBD入りの化粧品の効果や安全性、また市場に出回っている他成分と差についてはしっかり説明している」。専門家も、今話題のクールな成分としてではなく、きちんとウエルネスにひもづく成分として解説することが、今後も継続して使用されるかぎになると分析する。