フォーカス

女性の悩みに着目したフェミニンケア7選 フェイスケア顔負けのラインアップ

 ひと昔前の日本では、デリケートゾーンケアの公言はタブー視されがちだったが、ここ2〜3年、国内ブランドから関連製品が続々と登場し、一般の認知度も上昇している。「WWDビューティ」2月15日号でも、活気づくデリケートゾーンを特集しており、今年は特に注目が集まった。

 デリケートゾーンは角層が薄く、経皮吸収率が体のなかでもっとも高いと言われている部位のため、合成化学成分に入っていない商品を見極めるのもポイントだ。そこで、取り入れやすいデリケートゾーン専用のウォッシュを筆頭に、女性特有の悩みにアプローチするバストトップ専用コスメや美尻をかなえる特別ケアまでフェミニンケアをピックアップ。女性の美と健康を守るケアとして習慣化してみては。