フォーカス

神戸のヘアサロン「スクリーン」が銀座に出店 距離を超えたワンチームになることへの挑戦

 2014年に岡山県出身の神谷翼代表とKAORIディレクターが兵庫県・神戸で立ち上げたヘアサロン「スクリーン(SCREEN)」。縁もゆかりもない土地で顧客ゼロからスタートしたが、抱えていた不安に反し大人の女性たちの支持を集めて、翌年には2店舗目の「シスター バイ スクリーン(SISTER.by SCREEN)」を開業した。そして今年5月には、新たに東京・銀座に3店舗目となる「スクリーン ギンザ メゾン(SCREEN GINZA MAISON.)」をオープン。新型コロナウイルスの影響は神戸での営業や新規オープンに暗い影を落としたが、6月に入り大幅に復調してきているという。銀座店では新規顧客を獲得し始め、かつて東京で働いていたときの神谷代表の顧客がうわさを聞きつけて来店し、約7年ぶりに再会を果たすこともあるそうだ。未知の土地・神戸でのオープンから6年を経て、再び新たな土地である銀座への出店を決め、スタッフを伸ばすために挑戦を続ける神谷代表とKAORIディレクターに話を聞いた。

WWD:神戸と銀座に店を構える理由は。

神谷翼代表(以下、神谷):僕は東京・青山のサロンで、KAORIは岡山のサロンで美容師をやっていましたが、結婚を機に2人でお店をすることにしました。神戸の居留地の街並みと大人の女性のファッショナブルさに衝撃を受けてしまって、「スクリーン」のスタートとして基本となる土台をこの場所でつくりたいという思いが強くなりました。もちろん、ゼロからスタートさせることへの不安は大きかったですし、神戸の大人の女性を素敵にしたいと思ったものの、大人の女性は変わるよりも今を維持したい人が多いではないかという勝手な美容師側の思い込みがありました。ですがふたを開けてみると、大人の女性が紹介やわざわざ調べて来てくれたりして、新鮮さや刺激を求めているとすごく感じました。ビジネス上や、保護者としての姿とか、大人の女性にはさまざまな制約がありますが、変わりたいと思っているところが解けてくると、もっと女性は自由になれるんです。大人の女性を素敵にしたいという思いから今回銀座に出店しました。

WWD:再びゼロからの土地で築き上げていくことになるが。

神谷:新規出店には不安はつきものですが、ぼくらには神戸での経験があります。応援してくれるお客さまがたくさんいて、そこでの経験が僕たちの背中を押してくれています。神戸のお客さまに銀座への出店を伝えると、涙ながらに「おめでとう」と喜んで応援してくれるんです。お客さまは業界の大会に挑戦するときには応援団みたいに、ぼくらの美容にかける思いを理解してくれているんです。髪の毛を切ることで素敵にしてくれるから「スクリーン」に来るだけでなく、「自分も何か新しいことにチャレンジしたいと思わせてくれる」とお客さまが言ってくれることもあります。一生懸命やってきた結果ですが、僕たちが挑戦することがひとつのサービスになっていたんだなと気づきました。

WWD:銀座店はどのようサロンを目指すか。

神谷:不安だらけのスタートで新型コロナウイルスの影響も大きかったけれども、こういう逆境も「スクリーン」っぽいかなと思います。お客さまはすごく心配してくれますけれど、不安が大きい分乗り越えられたらもっと大きな思いになるはずです。応援してくれるたくさんの神戸のお客さまのためにもくじけるわけにはいきません。

今回、銀座店には東京での経験がない神戸のスタッフが挑戦することになります。ぼくが神戸でサロンワークを始めたときに、(洗練されたお客さまが多い)東京でやってるみたいと思ったんです。スタッフが神戸でファッショナブルな大人の方からたくさん学ばせてもらったことは、絶対に銀座でも通用するはずです。神戸と銀座で何かを変えようとは一切思っていなくて、それぞれの生の情報をもって影響を与え合いたいですね。

去年はロシアやマレーシアなど海外でヘアショーなどの仕事をたくさんして、世界は広いようで狭いとあらためて感じました。だから、日本にあるヘアサロン「スクリーン」と考えられたらいいのではと。新型コロナの影響が大きかったので神戸をもとに戻すことも今は大事ですが、ゆくゆくはいろんなスタッフを神戸と銀座を行き来させたいですね。神戸と東京の間で流れをつくることが目標です。

WWD:オープニングメンバーはどうやって決めた?

神谷:銀座の店長は神戸の「スクリーン」を引っ張ってきてくれた橋本佳奈という女性スタッフを中心に、神戸で腕を磨いたメンバーを中心に構成しています。加えてぼくとKAORI、福井は神戸と銀座を半月ずつ行き来する予定です。

お客さまがわざわざ来店してくれる美容師を生み出す

WWD:神戸と銀座の行き来には交通費など経費面が大変そうだ。

KAORIディレクター(以下、KAORI):今のスタッフとなら新しいサロン展開の形をつくれるんじゃないかと思いました。ずっと神戸にこだわってやってきましたが、東京と神戸を点と点にするのではなく結んでいきたいです。神戸にある2店舗はすごく近所で、一日の中でもスタッフが行き来するぐらい、他店舗というよりは一緒のチームという感覚です。それが銀座と神戸という距離があってもできるかどうかが挑戦です。普通は、美容師は転勤もなければ出張もありません。サロンという居場所があって、お客さまをお迎えする立場なので、神戸と銀座を行き来することで新しい働き方ができると思います。銀座店の店長の橋本は6月の1週目は神戸でも働きましたが、彼女のスケジュールに合わせて来店するお客さまも多く、そんなお客さまがいてくれることがうれしくて毎日泣いていたぐらいです。自分を求めて来店してくれることのありがたさや、お客さまの愛情を感じられる働き方ではないでしょうか。こういったことに価値を見出して新しい何かが生まれる感覚があったので、交通費も投資だと思っています。

神谷:スタッフにとっては、東京に挑戦できる環境はプレッシャーでもあると思いますよ。自分とKAORIの2人でもう一回銀座でスタートすることは簡単かもしれないけど、それでは「スクリーン」じゃなくなってしまう。銀座にお店を出すということは、僕らだけではできないスタッフの可能性を広げることにもつながります。

WWD:物件へのこだわりも強かったと聞いたが。

神谷:どうしてもこの物件にしたくて、1月からおさえて4月のオープンを目指していましたが、新型コロナの影響もあってようやく5月中旬にオープンしました。もともと4カ月ほどは準備期間として仮家賃が発生しようとも、新しい挑戦、神戸の「スクリーン」をレベルアップするための期間だったので、これも投資の一つと考えて乗り越えることができました。

KAORI:直感でここがいいと思ったんですよね。神戸の2店舗と同じように、2人で図面を引いてCGを作ってこだわりました。何も手を入れていないゼロの状態がとても好きだったから、デザインをすることにも葛藤がありました。2人で作り上げていくことは男女の目線の違いもあって、毎日ぶつかり合ったことでいい化学反応が生まれたんじゃないでしょうか。女性目線では非日常的なところにこだわりました。女性は私生活とは遠い場所でもなじんでしまう感覚があると思います。非日常的だけど心地いいところを狙いました。

WWD:そんなスタイリッシュでクールな空間ですが、スタッフのみなさんはなんともアットホームで(笑)。

KAORI:アットホームさは人が出すものであって、サロンの空間は背筋が伸びるような場所がいいんです。最初は緊張するかもしれないけれど、空間とのギャップが私たちの雰囲気を感じ取ってもらいやすいと思います。また、このお店の雰囲気で選んで来てくれるお客さまは、求めているヘアスタイルのデザインも強いはずです。デザインを求めて来てくれたお客さまに対してて、この空間に見合う技術を提供しなければならないので、スタッフたちの背筋も伸びるのではないでしょうか。

WWD:最後に今後の目標を教えてください。

神谷:新型コロナの影響もあり、いろんなものがずれ込みましたが、自粛のため来店できなかったお客さまからも多く予約をいただき、昨年の6月よりも大幅に売り上げが伸びています。銀座店は新規のお客さまの来店だけでなく、かつての自分の東京の顧客や、神戸から東京に引っ越しをされたお客さまもうわさを聞いて来てくださることもあります。銀座店もきちんと安定させながら、スタッフにとっての挑戦になり刺激になることで、さらに可能性を広げていけたらと思っています。

KAORI:毎日マスクをして過ごす生活は人生で初めてで、女性にとって顔を隠して生活することは今までになかったことですよね。思う存分メイクができないということで、メイクとファッションの要素を表現できるヘアスタイルの重要性をあらためて感じました。色々とストレスがたまっている中で、髪で元気を与えていきたいですね。リップは塗れないかもしれないけれど、メイクをするようにヘアカラーを楽しんでもらいたいです。