ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

「オーディナリー」は日本ビューティの「普通」を変えられるか?

有料会員限定記事

ビューティ賢者が最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、カナダ発スキンケアブランド「オーディナリー」の日本上陸に関する話。(この記事はWWDJAPAN2024年4月8日号からの抜粋です)

弓気田みずほ ユジェット代表・美容コーディネーター プロフィール

(ゆげた・みずほ)伊勢丹新宿本店化粧品バイヤーを経て独立。化粧品ブランドのショップ運営やプロモーション、顧客育成などのコンサルティングを行う。企業セミナーや講演も。メディアでは化粧品選びの指南役として幅広く活動中

【賢者が選んだ注目ニュース】

日本のSNSでも話題の「オーディナリー」が5月29日、ついに正式上陸する。「オーディナリー」は2016年にラグジュアリーブランドへのアンチテーゼとして「ビューティの民主化」を掲げて誕生した。高濃度の有効成分を配合しながら8~40ドル(約1200〜6000円)という低価格を実現し、オンラインを主戦場に急成長を遂げた。17年にエスティ ローダー カンパニーズ(以下、ELC)に株式の28%を5000万ドル(約75億5000万円)で、さらに21年に株式の76%となる約10億ドル(約1500億円)を売却して資金を得たのちに販路を広げ、現在は「セフォラ」「ウルタ」などの大手ビューティショップをはじめ、ヨーロッパ・南米・韓国などグローバルに販売網を広げている。

「オーディナリー」のスキンケアはクレンジング、美容液、モイスチャライザーの3カテゴリーに大別されるが、肌の悩みに応じた美容液のバリエーションの幅広さが特徴。日本でも知名度を高めるきっかけとなったのが、グリコール酸など5種のAHA30%とサリチル酸2%を配合したピーリング美容液だ。成分由来の真っ赤な色がSNS上で「血みどろピーリング」と呼ばれ注目を集めた。日本国内では認められていない高濃度の処方にもかかわらず、個人輸入サイトを通じて日本からも購入することができた。

今回日本で展開されるアイテムは、ヒーローアイテムの“ナイアシンアミド10%+亜鉛1%”をはじめ、いずれも比較的リスクの少ない20品目ほどが予定されている。それでも商品どうしの組み合わせの中には、併用を勧めないものもあった。

この続きを読むには…
残り1233⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。