ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

桜コスメに商機を見いだす

有料会員限定記事

【連載】ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望

ビューティ賢者が
最新の業界ニュースを斬る

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。
今週は、ポテンシャルの高い桜コスメの話。

寺山イク子/オリエンタル代表/江戸川大学 客員教授/JCPA(日本コスメティックプロフェッショナル協会)顧問

(てらやま・いくこ)「コスメティック」(著・林真理子/小学館)の主人公モデル。2012年から江戸川大学「ビューティビジネス」でアカデミア参入。多くの世界的ラグジュアリー企業での経験や実績から”ビューティ・ジェネラリスト”として活動中。近く「パーソナルゼミ」開講予定。趣味はソーシャルアストロロジー

【賢者が選んだ注目ニュース】

春といえば桜だ。淡くはかなげなのに満開の夜桜は荘厳な力強さで、いろいろな表情に心が奪われる。卒業や入学、就職など生活環境の変化が多い春は、桜とともに思い出をつんでいく。人それぞれに、友人や恋人、家族との思い出があるが、「おいしい」思い出もあるかもしれない。「花より団子」とはよく言ったもので“お花見”と“おいしい”は切っても切れない関係であるが、ビューティ業界においてもバレンタイン含め春の“おいしい” は注目度が高い。例えば今年の春は、「クラランス」から“パティスリー”コレクション、「ジルスチュアート ビューティ」から“ストロベリー&ティー”“ストロベリーショコララテ”コレクションなどが登場した。

そして「桜」関連の季節限定商品も欠かせない。「スリー」や「シロ」をはじめ、「ジョー マローン ロンドン」「ゲラン」「ザボディショップ」「ボタニスト」「ベキュアハニー」「シピシピ」などから新商品が登場。“チェリーブロッサム”“SAKURA”“サクラ”など商品名や表記はさまざまだが、とにかく数多くのブランドから桜コスメが販売されている。その中で、忘れてはいけないのが「ゲラン」の香水“チェリーブロッサム”だ。当時、商品としては珍しい「桜」をテーマに扱い、いわば桜コスメのパイオニア的な存在とも呼べる。

この続きを読むには…
残り1106⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。