ファッション

ビジネスリポート宝飾部門のNo.1「グラフ」はブライダル、富裕層、エントリー顧客の取り込みに成功

 「WWDジャパン」2月22日号の付録として、定期購読者向けに発行した「2020年秋冬ビジネスリポート」(単体での販売も実施中)では、全国41店舗の百貨店に20年8~12月の好調ブランドについて聞いたアンケートをまとめている。宝飾部門では、好調ブランドの1位に「グラフ(GRAFF)」が輝いた。「グラフ」といえば、ダイヤモンドジュエラーの代表格で、富裕層にしか手が届かないブランドという印象が強かった。ところが、コロナで挙式や旅行ができず、その費用をエンゲージメントリングに充てる30~40代から高い支持を得た。また、富裕層からの希少性の高い高額品の需要もコロナ以前と比べると高まっている。SNS効果でブランドの認知度がアップし、エントリー価格の商品に関しては、入荷待ちのこともあるという。エントリー価格帯、ブライダル、富裕層と全方位で好調の「グラフ」。コロナ禍における売れ筋や消費動向についてグラフダイヤモンズジャパンの朝比奈絵美コミュニケーションズ マネジャー(CM)に聞いた。

 朝比奈CMは、「ブライダル商材で好調だったのはエンゲージメントリングでは“プロミス”や“アイコン”といった商材で価格帯は100万円台が好調だった。コロナ前と比べると200万円以下の商材の伸びが顕著だった」と話す。マリッジでは“ローレンス グラフ シグネチャー ウエディングバンド”の人気が高かったようだ。ほかのジュエラーではマリッジリングだけの購入もあるだろうが、ダイヤモンドジュエラーの代表格である「グラフ」では、おそらくエンゲージメント購入時にマリッジも合わせて購入する顧客がいたのだろう。年齢層に関しては、「以前から30〜40歳前後が主流で、その中には若い経営者も多く、口コミでお客さまが増えて人気の高まりを肌で感じている」と朝比奈 CM。ソリテールリングとしてはブライダルに加えて40歳以上のカップルによる記念日需要が増加しているという。顧客へのアプローチはコロナ前と変わらず、電話や手紙による来店促進が中心だが、コロナ禍ではウェブサイトを見て来店する客数が増えたようだ。

富裕層による大粒ダイヤモンドやカラーダイヤモンドの需要の高まり

 朝比奈CMは、「高額品に関しては、3000万円以上が好調に推移している。特に5000万円以上の超高額品の動きは前年比2倍を売り上げており、富裕層のダイヤモンドジュエリーに対する購買意欲がアップしている」と話す。コロナ禍とは言え、株価は下がっておらず旅行などにも行けない富裕層にとっては、より資産価値の高い商材への関心が高まっているということだろう。コロナ禍における富裕層顧客へのアプローチに関しては、顧客に対して購入履歴や特性、好みなどの情報をもとに、希少性の高いダイヤモンドやジュエリーを担当の販売員が独自でセレクトして自宅に訪問するというパーソナルな提案を中心に行っているようだ。コロナ前後の富裕層の需要の変化については、「コロナでパーティーなどのイベントがないため、華やかでデコラティブなデザインより、希少性と価値の高い大粒のダイヤモンドやカラーダイヤモンドへの関心の高まりが見られる」と言う。

エントリー価格はファッションに敏感な富裕層にもアピール

 100万円前後のエントリー価格の“ミニ バタフライ シルエット”シリーズは、 リングを中心に好調で入荷待ちになることもあるそうだ。「既存顧客に加えてファッションに敏感な富裕層などが購入するケースが多く、エントリー価格の商材は今後増えていく可能性はあるだろう」と朝比奈CM。SNS発信により若年層にも「グラフ」の認知度がアップしている点に関しては、「SNSは重視しており、『インスタグラム』『LINE』 『フェイスブック』で商品やブランドストーリー、クラフツマンシップ、キャンペーンなどの情報を発信している」と言う。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら