ファッション

「ジーユー」が「ミハラヤスヒロ」とのコラボを3月5日に発売 人気の“シェフパンツ”も登場

 「ジーユー(GU)」は、デザイナー三原康裕による「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」とのコラボレーションコレクションを3月5日に発売する。商品はメンズ33型で、三原が得意とするスニーカーや、三原らしいアレンジを加えた「ジーユー」のヒットアイテム“シェフパンツ”“シェフジャケット”などをラインアップ。国内は全店舗とECで販売し(一部商品は限定店舗で販売)、中国本土と台湾でも全店舗とECで展開、香港は全店舗で扱う。

 同コラボレーションのテーマは“グッドインスピレーション”。バンダナ柄のマウンテンパーカ(5990円)やアシンメトリーなデザインのデニムジャケット(4990円)、ボウリングシャツ(2990円)、シェフパンツ(1990円)などをそろえており、全体的に“ユース”な(若々しい)ムード。「このコレクションをデザインした2020年の夏は世界が明るい状況ではなかったが、なぜか私は美術学生だった20代のころを思い出していた。自分の才能に夢や未来を託し、作品を創ることで不安を乗り切ろうと無我夢中だった当時の自分に感謝している」と三原はコメント。一部商品では、ペットボトルのリサイクル素材である「リプリーブ(REPREVE)」も使用した。

 発売に先立ち、スペシャルサイトで全商品やイメージムービーを公開している。キャンペーンビジュアルやムービーのクリエイティブ・ディレクターを務めたのは、スタイリストの大田由香梨、音楽はサカナクションの江藤啓一が担当。三原の母校である多摩美術大学の図書館などで撮影したという。また、「GU STYLE STUDIO原宿」と「ジーユー」の渋谷店、心斎橋店では、2月26日から特設ブースを設置して商品を紹介する。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら