ファッション

21年の「H&M」コラボ相手はシモーネ・ロシャ 人気のパールビーズのヘアアクセなどに注目!

 「H&M」は毎年恒例となっているデザイナーコレボレーション企画で、2021年はシモーネ・ロシャ(Simone Rocha)とタッグを組む。3月11日に、国内では5店とECで計100アイテムを発売。「シモーネ・ロシャ」のアイコンであるパールビーズ装飾やレース使いのガーリーなウィメンズウエアと共に、シモーネ自身のレーベルでは企画していないメンズやキッズの商品もそろう。パールやクリアビーズのヘアアクセサリーも充実しており、注目を集めそうだ。

 シモーネが自身のブランド設立からの10年間のアーカイブからアイテムを選び、再構築している。そこに、今回のコラボのために「H&M」が製作したタータンチェック柄やフラワープリントなどを組み合わせた。ウィメンズのパフスリーブシャツが9499円、ノースリーブのドレスが2万4999円(税込)、2個セットのヘアピンが3999円と、全て1499円から2万9999円に収まる「H&M」価格。シモーネが得意とするドレッシーなアイテムだけでなく、カジュアルなTシャツやニットアイテムもそろう。

 ECのほか、実店舗では渋谷、新宿、原宿、心斎橋、梅田の計5店で販売する。うち、メンズを販売するのは渋谷、新宿、心斎橋の3店。キッズを販売するのは新宿店のみ。キャンペーンモデルには、アクティビストでモデルのアジョワ・アボア(Adowa Aboah)、女優のデイジー・エドガー・ジョーンズ(Daisy Edgar Jones)、「シモーネ・ロシャ」のランウエイショーにもよく登場するモデルのテス・マクミラン(Tess McMillan)、英「デイズド(DAZED)」誌のクリエイティブ・ディレクターでもあるスタイリストのロビー・スペンサー(Robbie Spencer)などを起用した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら