ファッション

「H&M」が「モスキーノ」とのコラボ商品発売パーティー開催 スペシャルゲストはDJ KOO

 「H&M」は、ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)が手掛ける「モスキーノ(MOSCHINO)」とのコラボコレクションを11月8日に発売するのに先駆けて、プレス関係者やインフルエンサーを招いた恒例のプレショッピングパーティーを6日に開催した。会場は、東京タワーの足もとにある東京タワーメディアセンター。元々はテレビスタジオとして使われていた建物で、「MTV」が着想源の一つになっている今回のコレクションにぴったりだ。

 パーティー会場に入ると、ニュース番組のセットのようなコーナーや恐竜の模型が置かれた映画風のセットが組まれていて、どこで写真を撮っても“映える”作り。買い物コーナーは別の部屋に設けられていて、先着順に時間を区切ってしっかりショッピングが楽しめるようにした。商品はスパンコールが輝くアウターやパンツ、ギラギラのゴールドアクセサリー、ディズニー柄のTシャツやスエットなど。まさにジェレミーの「モスキーノ」といえるアイテム115型がそろった。

 パーティーでは、今回のコラボレーションでグローバルのキャンペーンモデルを務めているAMIAYAらがDJを担当した。イベントのハイライトは、スペシャルゲストとして登場したTRFのDJ KOOによるDJタイムだ。ゴールドのスパンコールコートやCDディスク柄のパンツなど、今回のコラボアイテムを着用して登場したDJ KOOにコラボに対する感想を尋ねると、「パンチのあるデザインばかりだから、着るか着られるか勢いが大事。1990年代を思わせるファッション要素も入っているところがお気に入り。DJでも流行りのEDMだけでなく、90年代のTKサウンドをかける」と話した。

 コラボ商品は、8日に「H&M」のECサイトと限定店舗で発売される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら