ファッション

マッシュビューティーラボがPB戦略を推進 「スナイデル ビューティ」来春デビュー

有料会員限定記事

 マッシュスタイルラボの「スナイデル(SNIDEL)」からコスメブランド「スナイデル ビューティ(SNIDEL BEAUTY)」が来春誕生する。製品はオーガニック・ナチュラルな化粧品の知見を持つマッシュビューティーラボが手掛け、「スナイデル」が重視するサステナビリティをテーマにしたコスメ単独の店舗をオープンする予定だ。国内のファッションブランドから派生したコスメブランドは希少で、さらに同一企業が展開するのは稀なケース。海外での展開も視野に入れるなど、化粧品業界に新風を巻き起こす。(この記事はWWDジャパン2020年12月21・28日号からの抜粋です)

WWDジャパン(以下、WWD):「スナイデルビューティ」誕生の経緯は。

近藤広幸マッシュホールディングス社長(以下、近藤):「スナイデル」はマッシュグループ初のブランドで、2016年からファーフリーや環境に配慮した素材の採用、リサイクル・エコロジー素材での店舗作りなどを推進する。海外進出も先陣を切って行い、現在は中国やニューヨーク、バンコク、台湾、シンガポールなどで展開し、海外での知名度や期待が大きい。ターゲットである環境問題や社会課題に関心の高いデジタルネイティブ世代が持つ新しいビューティの考え方や、アジアに通用する日本のコスメブランドを「スナイデル」を通じて発信したかった。

この続きを読むには…
残り2407⽂字, 画像1枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら