ファッション

アダストリアが韓国事業から撤退

 アダストリアは韓国で運営する全店舗を営業終了し、子会社である現地法人アダストリア コリアを清算する。2014年に1号店を出店し、現在は韓国国内で直営ECを含め7店舗を運営している。ただし、長引く政治問題や不買運動を背景に「黒字化には至っていない。コロナ禍の先行き不透明感を踏まえ、早期の収益化が難しいと判断した」と発表している。韓国の19年12月期売上高は、前期比4.3%減の11億円だった。

 営業終了するのは、自社ECのほかは「ニコアンド(NIKO AND…)」5店、「ジーナシス(JEANASIS)」1店。全ての清算手続きが終了するのは21年3月の予定。なお、退店に伴う減損損失は計上済みで、21年2月期の連結業績予想に変更はない。

 明洞にある「ユニクロ(UNIQLO)」のソウル旗艦店も1月末で閉店するという報道が出ている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら