ファッション

アダストリアの20年3~8月期は44億円の営業赤字 「仕入れ抑制が効き、6~8月は黒字化」

 アダストリアの2020年3~8月期連結業績は、売上高が前年同期比26.9%減の796億円、営業損益が44億円の赤字だった(前年同期は71億円の黒字)。コロナ禍による4~5月の店舗休業が響いて減収減益となったが、「夏物の仕入れを抑制し、迅速な在庫コントロールを行ったことで、第2四半期(6~8月)だけで見れば営業黒字となった」(金銅雅之取締役)と手応えを語る。通期(21年2月期)では売上高が前期比15%減の1890億円、営業損益で10億円の赤字(前期は128億円の黒字)を見込む。

 夏物の仕入れ抑制が効き、上期末の棚卸資産(在庫)は前年同期比11.2%減で着地した。粗利率は前年同期から3.1ポイント悪化して53.1%となったが、第1四半期(4~6月)と第2四半期で比べれば、在庫減による値引き販売の抑制で粗利率は4.3ポイント改善している。下期も仕入れは「従来の9割強に抑える」(北村嘉輝取締役)。

 ECは、実店舗の販売員の着こなしを紹介する「スタッフボード」コンテンツの強化などが効き、自社EC「ドットエスティ(.st)」会員数が半年間で60万人増えて1090万人となった。上期のEC売上高は同25.2%増の252億円。国内売り上げに占めるEC売り上げ比率は33.2%、自社EC「ドットエスティ(.st)」のみでは17.5%だ。

 下期は、10月8日に韓国発のセレクトショップ「エーランド(ALAND)」の日本1号店を渋谷に出店するほか、60代向けの新ブランド「ウタオ(UTAO)」をスタート。また、昨年12月に中国本土に初出店し、非常に好調という上海の「ニコ アンド(NIKO AND…)」では上海に2店目を出店するなど、攻めの姿勢が続く。コロナ禍を受けて、総合アパレルメーカーなどではブランドの休止や退店を決断するケースも聞かれるが、「ブランドや事業部の統廃合は考えておらず、むしろこれまでカバーしていなかったカテゴリーを増やすなどの積極策を描いている」(金銅取締役)。出退店については「新規ブランドなど出店余地が大きいものは積極的に出店するが、(基幹ブランドは)期初の想定よりも退店が増える見込み。ただ、現在家賃の減額交渉を商業施設側と進めており、それが実れば継続する」。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら