ファッション

映画「ワンダーウーマン1984」に「ティファニー」のジュエリーが登場

 12月18日に全国で公開されるガル・ガドット(Gal Gadot)主演の映画「ワンダーウーマン1984(Wonder Woman 1984)」で、「ティファニー(TIFFANY & CO.)」のクラシックな18金イエローゴールドの“ボーン カフ(Bone Cuff)”が登場する。

 同作でダイアナ・プリンス(Diana Prince)役を演じたガドットが着用した“ボーン カフ”は、ジュエリーデザイナーのエルサ・ペレッティ(Elsa Peretti)が約50年前にデザインしたもので、主に炎や武器などの攻撃をかわすワンダーウーマンの特徴的な衣装のひとつでもあるゴールドの腕輪を連想させるデザイン。価格は168万3000円(税込)だ。

 同作のパティ・ジェンキンス(Patty Jenkins)=ディレクターは、「エルサ・ペレッティの“ボーン カフ”は、私が今まで見たどんなジュエリーよりも素晴らしい。ジュエリーの美しさに初めて気が付いたのは、元夫の母親から小さなギフトをプレゼントされたときだった。ネットでラージサイズの“ボーン カフ”を身に着けている人の写真を見たとき、それが何のジュエリーなのかを調べた。ペレッティのカフだとわかったときには、まさにジュエリーの傑作だと思った。私が愛して止まないジュエリーが、自分が監督した映画のキャラクターと見事にマッチしているなんて魔法のようだ」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら