ファッション

“渋カジ”をけん引した「バックドロップ」が43年の歴史に幕 12月25日で閉店

 リムジンインタナショナル(東京都、奈良岡武義社長)は、東京・渋谷のアメカジショップ「バックドロップ」を12月25日で閉店する。同店はその理由について、「新型コロナを引き金とする長期にわたる景気後退を受け、今後も営業を続けていくことが困難と判断した」としており、今後はオンラインショップに注力するという。

 現在の客層について栗原圭太マネジャーに聞くと、「30~40代が中心だが、“渋カジ”世代の50代もいるし20代もいる。売れ筋は『バンソン(VANSON)』の革ジャンや『ヒューイット(HEWITT)』のスタジャン、『ヴァンズ(VANS)』のスニーカーなどだ」と答えた。

 同店は1977年、渋谷パルコとタワーレコードを結ぶ道路沿いにオープン。1980~90年代の“渋カジ”を代表するショップであり、同店が流行らせた「バンソン」の革ジャンはチーマーを象徴するアウターだった。その後、ファイヤー通りの2階に移転。さらに2014年に現在のコルネット通りに移転した。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら