ファッション

アメカジ「フラットヘッド」が民事再生法申請 負債額は親会社と合わせて16億円強

 アメカジブランド「フラットヘッド(THE FLAT HEAD)」を手掛けるフラットヘッド(長野県、小林昌良代表)と親会社のグローバルユニット(同代表)は8月28日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令・監督命令を受けた。帝国データバンクによると負債額はフラットヘッドが約6億6100万円で、グローバルユニットとの合計は約16億6400万円(いずれも2019年5月期末時点)。

 小林代表は飲食業や保険業を経て、1993年にビンテージウエアを扱う「デザートヒルズマーケット」をオープンした。96年、古着の輸入を目的にフラットヘッドの前身であるアドバンストレーディングを設立。その後、オリジナルブランドの「フラットヘッド」がヒットした。オフィシャルホームページによると、同社はフラットヘッドやデザートヒルズマーケットなど全国に14の直営店を持つ。また2006年から、毎年9月上旬に1万5000人を動員する物販および飲食、音楽イベント「スーパーウィークエンド」を長野で開催していたが、今年は休止する。

 最盛期の売上高はフラットヘッドが約9億1300万円(15年5月期)、グローバルユニットが約9億2900万円(14年5月期)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。