ニュース

子ども服マザウェイズ・ジャパンが破産 負債総額は約70億円

 子ども服の「マザウェイズ(MOTHERWAYS)」を展開するマザウェイズ・ジャパンと根来、ネイバーズの関連2社が6月30日に大阪地裁に破産を申請し、7月1日に保全管理命令を受けた。負債額は3社合計で約70億円とみられる。

 東京商工リサーチなどによると、マザウェイズ・ジャパンは、イギリスの子ども服専門店「マザウェイズ」を展開するイギリスのマザーケア社と1991年に日本総代理店契約を結んだ。ベビー服やキッズ向けのカジュアルウエア、靴やアクセサリーなどの低価格の服飾雑貨などを取りそろえ、ショッピングモールを中心に全国94店舗を展開しており、18年1月期の売上高は約83億円。近年、低価格のチェーン店などとの競合激化で売り上げが伸び悩んでいた。