ファッション

渋谷の古着店「ヌードトランプ」が3月末で一時閉店

 東京・渋谷の古着店「ヌードトランプ」が3月末で一時閉店する。同じく松村逸夫がオーナーで3月末で閉店する同ビルの古着店「ラウジーバロック」がある6階に、規模を縮小して移転オープンするという。

 同店は1997年にオープン。ヒョウ柄のジャケットやショッキングピンクのファーコートなど、クセの強い品ぞろえでスタイリストからも支持を集めた。現在、閉店セールを開催中で店内什器も販売している。

 常に全身黒づくめでサングラスに帽子という出で立ちの松村逸夫オーナーは、多くのファッション関係者から愛される存在。松村が運営していた同ビル3階のパーティースペース「トランプルーム」は2019年7月に休業している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら