ファッション

「マジェスティックレゴン」を運営するシティーヒルが民事再生法申請

 ヤング向けのウィメンズブランド「マジェスティックレゴン(MAJESTIC LEGON)」などを運営する中堅アパレルメーカー、シティーヒル(大阪、中田勉社長)が3月16日に大阪地方裁判所へ民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けたと帝国データバンクが報じている。負債額は申請時点で約50億円だという。

 同社は「マジェスティックレゴン」以外に、「ル・クール・ブラン(LE. COEUR BLANC)」、「ペルルペッシュ(Perle Peche)などを運営していた。1990年代に“平成ブランド”ブームと共に成長し、直近では「マジェスティックレゴン」で、ラフォーレ原宿や新宿ミロードなどにも出店していた。帝国データバンクによれば、2月時点の店舗数は会社全体で直営107店、フランチャイズ30店、ECサイト35店。

 ファッションビルや郊外SCへの積極出店、中国や香港への進出などにより16年2月期は143億9700万円の売り上げを計上していたというが、19年2月期の売上高は137億2800万円、3期連続で赤字となっていた。競合激化や暖冬による不採算店舗の増加が影響を与えていたところに、新型コロナウイルスの感染拡大による客足減がダメ押しとなったと報道されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら