ニュース

「ラグタグ」がリメイクブランドの「スリュー」と協業 店舗で回収した古着に命を吹き込む

 ワールド傘下のティンパンアレイが運営する古着チェーン「ラグタグ(RAGTAG)」は、デザイナー植木沙織が手掛ける古着のリメイクブランド「スリュー(SREU)」と、2020-21年秋冬コレクションで協業すると発表した。

 植木は19年10月の「楽天ファッションウィーク」で、それまで手掛けてきたブランド「フルギニレース(FURUGI-NI-LACE)」を「スリュー」と改め、ファーストコレクションを発表。古着を巧みにつぎはぎして作ったフォーマルライクなスタイルを披露した。

 「スリュー」の2020-21年秋冬では、「ラグタグ」店舗で商品の状態などを理由に買い取り価格がつかず、無償回収となった古着の中から、植木が選んだ服をリメイクする。製作には、東京・南青山のワールド本社ビル地下1階の若手デザイナーのためのオープンスペース「クリエイターズラボ」を活用する。コラボアイテムは「ラグタグ」の一部店舗やポップアップストアなどで販売する。

 ワールドはそのほかにも、他社の在庫を買い取って販売するオフプライスストア業態の「アンドブリッジ(& BRIDGE)」を昨年秋にスタートするなど、余剰在庫の循環・削減を目指す新しいビジネスモデルの構築を進めている。同社は「これからもサステナブルな社会をめざすとともに、クリエイターが自由に創作活動や作品発表を行える場を作っていきたい」としている。